フラカン&坂本慎太郎、ドラマ『まほろ駅前番外地』テーマ音楽を担当

リッスンジャパン / 2012年10月19日 12時0分

写真

ドラマ『まほろ駅前番外地』オープニングテーマを手掛けるフラワーカンパニーズ(Listen Japan)

2013年1月スタートのドラマ『まほろ駅前番外地』のオープニングテーマをフラワーカンパニーズが、同じくエンディングテーマと劇中音楽を坂本慎太郎が手掛けることが明らかになった。

ドラマの原作は、昨年映画化され大きな話題となった三浦しをんの直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』の続編である同題の小説。
東京郊外にある架空都市“まほろ市”の駅前にある便利屋「多田便利軒」を舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描いた作品で、映画同様、本作でも瑛太と松田龍平がW主演として便利屋コンビを熱演、脚本・監督は映画『モテキ』の大ヒットで知られる大根仁が務める。

フラワーカンパニーズ - アーティスト情報

オープニングテーマは、今回初めてドラマテーマ曲を手掛けるというフラワーカンパニーズの新曲「ビューティフルドリーマー」。60年代風のサウンドと、ドラマの台本からイメージしたという歌詞が融合した新鮮な感触のナンバーに仕上がっているという。

一方坂本慎太郎は、今回のための書き下ろしたエンディングテーマ「まともがわからない」に加え、自身初のドラマ劇中音楽も担当。坂本はこの新たな挑戦について「想像以上に楽しかった」と語っており、彼のサウンドがどのように物語を盛り上げるのか注目される。


<フラワーカンパニーズ コメント>
この度、新曲「ビューティフルドリーマー」が、我々の「この胸の中だけ」「深夜高速(2009)」のミュージックヴィデオを撮って頂いた奇才・大根仁監督のTVドラマ「まほろ駅前番外地」オープニングテーマに!!本当にとても光栄な事です。
ドラマのテーマ曲を書き下ろしたのは初めてだったので、最初は若干戸惑ったんですが、台本を手に取りながらイメージを膨らまして製作しました。曲調は60年代風に、歌詞はドラマのイメージを壊さないようにしながら、少しずつ自分達の色に染めていき、最終的には凄く新鮮な感触の自信作になりました!!皆さんにも是非聞いてほしいです!!


<坂本慎太郎 コメント>
脚本を読ませていただき、自分なりにイメージを膨らませてエンディング曲を作りました。
ドラマの劇中音楽もやらせてもらったのですが、初めての経験で想像以上に楽しかったです。


【作品情報】
『まほろ駅前番外地』
2013年1月スタート
毎週金曜日深夜0時12分
原作:三浦しをん『まほろ駅前番外地』『まほろ駅前多田便利軒』(文春文庫)
脚本・監督:大根仁
主演:瑛太 松田龍平
HP:www.tv-tokyo.co.jp/mahoro/
facebook:www.facebook.com/tx.mahoro
Twitter:@TX_mahoro

●フラワーカンパニーズ:www.flowercompanyz.com
●坂本慎太郎:www.zelonerecords.com

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング