キングオーディションでグランプリ受賞の泉 沙世子がスペシャルイベント開催、村上ショージとあべこうじも応援!

リッスンジャパン / 2012年11月19日 13時0分

写真

デビュー曲「スクランブル」を披露した泉 沙世子(Listen Japan)

11月21日にキングレコードからシングル「スクランブル」でデビューする女性ボーカリスト・泉 沙世子が18日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎・ルーファ広場グランドステージでスペシャルイベントを開催した。

泉 沙世子は、キングレコードが創業80周年企画として講談社の人気雑誌とダッグを組んで行ったプロ歌手を発掘するための全国オーディション「Dream Vocal Audition」で約1万人の応募者の中からグランプリに選ばれた実力派アーティスト。
彼女のデビュー曲「スクランブル」は、直木賞作家・道尾秀介の同名タイトルの作品を原作にした映画『カラスの親指』(主演・阿部寛)のイメージソングとして自身が作詞・作曲を手掛けた。

イベントでは約1000人のファンや買い物客らが詰めかける中、「ラゾーナ川崎には何回も来ていて、ずっとここで歌いたいなと思っていましたので、今日はこうして歌わせていただいてうれしいです」と笑顔であいさつし、同曲を熱唱。
1万人の中から選ばれたときの心境は「1万人というのは、客観的に見てみると多いなと思いますが、10年ぐらいオーディションを受けたり、東京でライブをしたりしてずっと歌手を目指してきたことなので、絶対落ちたくなくて、これが最後だとイメージしていたので、スタートに立てることができて本当によかったなと思います」と振り返り、デビューを直前にして「ここがスタートなので、ここからずっとこの勢いを弱めずに、どんどん先を見て進んでいけるように頑張りたいので、ぜひ皆さん、応援をよろしくお願いします」と意欲満々。

泉沙世子 - アーティスト情報

その後、同映画に出演しているお笑いタレント・村上ショージがお祝いに駆けつけ、さらにサプライズゲストとして同じくお笑いタレントあべこうじがステージに登場。村上は「映画『カラスの親指』に伊藤匡史監督からテツ役に抜擢していただきましたが、今回は関西弁を封じられまして、四苦八苦しながら泣きながら演技させていただきました。詐欺師の面白い映画でして、一つ屋根の下で石原さとみちゃんとか能年玲奈ちゃん、小柳友くんとか、5人の詐欺師が暮らしながらいろんなことにチャレンジしていくんです」、あべは「阿部寛さんとは別人なんです。いろんな阿部さんにオファーして、一番暇なあべが来ました」と笑わせながら3人で楽しいトークを披露した。

村上は「ちっちゃい子から大人まで、家族で楽しめるような映画だと思いますし、箇所、箇所にいろんなトリックとかもあって、それも面白いのでぜひ見てください」、泉は「この映画は面白くて、最後まで目が離せず、ワクワクしながら見られる映画だと思いますので、ぜひぜひ皆さん、見てください」とアピールし、最後にあべは「泉 沙世子さんを応援していただき、11月23日から公開される映画『カラスの親指』を皆さん見に来てください」と客席に呼びかけた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング