名古屋・栄にSKE48カフェがオープン、メンバーが直にかき混ぜた“ぬか漬け”も提供

リッスンジャパン / 2012年12月10日 2時0分

写真

名古屋・栄にSKE48カフェがオープン、メンバーが直にかき混ぜた“ぬか漬け”も提供(Listen Japan)

SKE48が9日、専用劇場の誕生にあわせ、名古屋・栄のSUNSHINE SAKAEの5Fに「SKE48 CAFE & SHOP with AKB48」をオープンさせた。

「SKE48 CAFE & SHOP with AKB48」のコンセプトは「SKE48ファンの皆様はもちろん、これからSKE48を知る方もSKE48の世界が楽しめるお店」で、店舗内はカフェとショップのふたつで構成。

カフェ席は40席で、メニューにはメンバーが考案したオリジナルメニューやメンバーの写真を印刷したオリジナルコースター付きのドリンクなどを用意。 カフェには滞在時間を設けていて、食事メニューを利用するユーザは90分、ドリンクのみ利用するユーザは60分となっている。

ショップでは、SKE48メンバーの生写真、書籍、DVDに加え、様々なオリジナル商品を販売。また、店舗名にもある「with AKB48」の通り、AKB48のオリジナルグッズの取り扱いに加え、姉妹店である東京・秋葉原のAKB48CAFE&SHOPにて好評の「ぐぐたすメニュー」の一部も提供する。

AKB48 - アーティスト情報

オープン前にはプレス発表会が行われ、メンバーを代表して高柳明音、木崎ゆりあ、木本花音が参加。カフェメニューにラインナップしている「高柳明音のお母ちゃんのカレーピラフ」が登場すると「高柳家おふくろの味です。朝でも 昼でも夜でも劇場やカフェに来てくれた方がペロリと食べられる重すぎず軽すぎないメニューです」と高柳 自らプレゼン。試食した木崎は「何倍でもイケちゃう!」と絶賛した。
また、「おもてなしの一品」としてサービスされる“ぬか漬け”も登場。せっかくの機会ということで、木本が ぬか床をかきまぜ野菜を取り出すパフォーマンスも見られた。

9日の入店の抽選に集まったユーザは500名超。閉店まで客足は絶えることなく、カフェっ娘も大忙しの一日となった。今後は店内で様々なイベントを企画していく予定で、メンバーによるサインや落書きもどんどん増え、来店の度に新たな楽しみを発見できる“ファンの憩いの場”を目指していく。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング