AKB48、激動の2012年を追った映画完成「涙の分だけ笑顔に」

リッスンジャパン / 2013年1月21日 20時0分

写真

AKB48、激動の2012年を追った映画完成「涙の分だけ笑顔に」(Listen Japan)

AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の完成披露プレミア試写会が21日、都内にて行われ、AKB48のメンバー総勢8名がステージに登壇した。

舞台挨拶には高橋栄樹監督を始め、AKB48から高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依が参加。

昨年に続きメガホンを取った高橋監督は、「メンバーをできるだけ自然な感じで撮りつつも、それぞれの感情に深く迫るところは鋭く撮っていきました」と、撮影にあたり意識したことをコメント。

作品は、絶対的エースだった前田敦子の卒業と、前田卒業後から始まった“AKB48第二章”についてのストーリーが軸となっている。前田の卒業公演となり、なおかつAKB48結成時の目標でもあった東京ドームコンサートについて高橋は、「今でも夢だったんじゃないかと思うほど素晴らしい時間でした」と振り返り、「250人収容のAKB48劇場も埋まってない結成当初から東京ドームを目標に掲げて7年が経ち、とうとうその場所に立つことができました。このことは自分たちの人生の中の宝です」と感慨深く語った。

また、「大島優子におけるセンターとは?」と尋ねられた大島は「センターとは、存在すると言うよりは それ自身も動いているように思えます。前田敦子には前田敦子のポジションがあったように、大島優子には大島優子のポジションがある。そこ(センター)に向けられたスポットライトが入れ変わった(時、センターも入れ替わる)みたい」と述べた。

AKB48 - アーティスト情報

昨年6月に行われた選抜総選挙では15位にランクインし、喜びのあまり号泣した横山は、「あの時は一番涙が出てきて、自分でも新たな一面を見せられたと思います。この映画はたくさんの涙があって、人は喜怒哀楽が動くとき涙がつきものなのかなと、この映画を通して思いました」と、はにかんだ。

なお、作中にて北原は、去年に引き続き「指原とのミニコント」を展開。北原は「涙の多い作品の中で、そういうシーンがあると凄くほっこりしますよね。私と指原さんのナイスコンビネーションにより、ほぼぶっつけ本番でやってますので、その生感を感じていただけたら」と語り会場をわかせる一幕も。

2012年には数多くの卒業メンバーが出たAKB48。高橋は「嬉しい卒業がありつつも、悔しいこと(卒業)もたくさんありました。たけど、どんなことがあっても明日はやっぱり来るので、その子たちの背中を見送りつつ私たちはここ(AKB48)で頑張らなければ」と決意を新たに。

続けて「この映画を見て、メンバーによって涙の色も意味も違うし、見ている景色が違っていることも分かりました。これから、涙の分だけ笑顔になれるように頑張っていきます」と、映画を鑑賞するファンにメッセージを述べ、会場からは大きな拍手が贈られた。


映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』は2月1日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開。

※エンディングに流れる主題歌は、本作のために書き下ろされた「After rain」
歌唱者;板野友美、大島優子、柏木由紀、北原里英、小嶋陽菜、篠田麻里子、島崎遥香、高橋みなみ、峯岸みなみ、横山由依、渡辺麻友、石田安奈、松井玲奈、小谷里歩、渡辺美優紀、指原莉乃、多田愛佳、鈴木まりや、高城亜樹、仲川遥香、宮澤佐江

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング