新垣結衣がTBSドラマ初主演、有川浩のベストセラー小説をドラマ化

リッスンジャパン / 2013年2月13日 13時0分

写真

新垣結衣がTBSドラマ初主演、有川浩のベストセラー小説をドラマ化(Listen Japan)

新垣結衣が4月クールTBSドラマ「空飛ぶ広報室」に主演出演することが明らかとなった。

新垣はTBSドラマには4年ぶりの出演で、今回が初主演。強気なテレビディレクター・稲葉リカ役を演じる。

本作は実写映画化が決定した「図書館戦争」シリーズ、大ヒットドラマ「フリーター、家を買う」など数々のヒット作を生み出してきた人気作家・有川浩の話題のベストセラー小説が原作。
美人テレビディレクターと航空自衛隊の元戦闘機パイロットという異色コンビが、考え方も立場も違いながらも、「幼い頃からの夢を絶たれ、ただ今人生の壁にぶち当たっている」という共通点から、お互いに理解を深め惹かれ合い、成長していく姿を描いていく。

新垣結衣 - アーティスト情報

<新垣結衣コメント>
リカの仕事に対するまっすぐさというか、まっすぐ過ぎて盲目がちなところは台本を読んでてもどかしくなる時もありますが、リカも私達と同じように失敗して、落ち込んで、何かに気づいたり、時には気づかずに繰り返したり、立ち止まったり、走ったり、皆様にリカを通じて改めて感じて知ってもらえる事がたくさんあると思います。そうなるように頑張ります。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング