AKB運営の圧力で「フライデー」の米沢瑠美ヌード第2弾はどうなる?

リテラ / 2014年11月6日 12時0分

写真

  AKBのメディア支配はまだ続くのか。あるいはこれが「終わりのはじまり」になるのか──。
 
 昨日、本サイトでお伝えした、元AKB48メンバー・米沢瑠美のヌードを掲載した「フライデー」をめぐる騒動。AKBの運営会社・AKSが、元メンバーを取り上げないよう御用メディアに通達していたにもかかわらず、その禁を破った「フライデー」(講談社)に激怒。講談社が発行している人気メンバーのフォトブックをはじめ、メンバー同士が撮影した『友撮』シリーズ、そして『AKB48総選挙公式ガイドブック』などの関連書籍、「週刊少年マガジン」や「ヤングマガジン」、「週刊現代」などのグラビアや女性誌で進行しているAKBがらみの企画をすべて引き上げると通告してきたのだという。

 こうしたAKSの恫喝に対し、「フライデー」および講談社は大慌て。昨日の記事では「最終的には講談社上層部が運営の抗議に屈して、全面謝罪したらしい」とお伝えした。

 だが、「フライデー」は米沢のヌードグラビアを3 週にわたって掲載する予定だったという。だとすると、残りの2回はどうなるのか。AKSは当然、掲載の中止を求めているはずだ。しかし、講談社側には米沢のヌードを1回の掲載で終えてしまうわけにはいかない事情もあるらしい。

「『フライデー』は米沢サイドに数百万円単位のギャラを支払っているらしいんです。とても1回の掲載で元をとれる金額ではない」(講談社関係者)

 一方、AKS側は、ブランドイメージの低下とファン離れを阻止するために、元メンバーのヌードグラビア掲載を許すわけにはいかない。しかしかといって、完全決裂して、「フライデー」が「週刊文春」(文藝春秋)並みに、AKBのスキャンダルをガンガンやってくるような状態にはしたくない。

「実際、『フライデー』は決裂したときにそなえて、こっそり主要メンバーのプライベートを張り込んで、写真を撮りだめしているという話もあるくらいです。『文春』以上のスキャンダルがぞろぞろ出てくる可能性もありますからね」(芸能ジャーナリスト)

 しかも、これにからんでくるのは、やはり前回も指摘したAKBの人気凋落という問題だ。

「以前だったら、AKBサイドにやるな!といわれたら、それに従うしかなかった。でも、今はメンバーのグラビアを掲載しても、昔のようには売り上げが伸びない。社内では『そろそろAKB商売も潮時じゃないか』という意見も出てきている。一方で、米沢のヌードグラビアは予想以上の話題となり、売れゆきは好調らしい。それで、『フライデー』も第2弾、第3弾をやりたいと粘っている訳です」(前出・講談社関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング