オヤジ向けに復活「Hot-Dog PRESS」不変の“マニュアル男“ぶりに唖然

リテラ / 2014年11月11日 13時0分

写真

「出会いとH完全攻略マニュアル」「女の子はそのままのキミが好き!」「女のコの本音&実態徹底究明 好きだからHしちゃう!」

 初っ端から「うへぇ」と唸ってしまいそうな文言を並べてしまったが、これは昔、人気を博していた雑誌「Hot-Dog PRESS」(講談社)の特集タイトルである。「そんな雑誌、知らない」という若者に説明すると、1979年に創刊されて2004年に休刊したこの雑誌は、デートからセックスまでとにかくマニュアル化するという得意技をもち、故・ナンシー関には「童貞が書いた童貞のバイブル」と評された、とくにバブル期世代にもてはやされた伝説の"痛い系雑誌"だ。

 じつはこの「Hot-Dog PRESS」(以下、HDP)が今年、10年振りに"スマホ・マガジン"として復活を遂げた。雑誌離れが進む時代に、しかも男子たちの草食化が叫ばれるこの時代に、まさかの復活。一体、誰が読むのだろうかと心配してしまうが、読者ターゲットは「40オヤジ」。そう、かつての読者たちなのである。

 だが、過去のターゲットであった"童貞"たちだって、世間の酸いも甘いも知っている。いまさら何を指南するのかと興味本位で読んでみたのだが......さすがはオレたちのHDP! 童貞マインドは清いままに失われていなかった。

 たとえば、復活第2号目の特集は、「女子のメール&LINEを深読みしよう!」。いわく、「40オヤジに求められているもの、それは女子のメール&LINEの分析&解読能力だ! そしてそれを踏まえた上での勇気ある撤退or進撃を決めるべきなのである」と、オヤジになっても昔さながらの鼻息の荒さだ。

 もちろん、中身も昔と変わらない"ご都合主義"。この企画では、女子から送られてきたメールで自分に気があるかどうかを判定する方法を指南しているのだが、「仕事、体調、気候、花粉症、痛風などなど」を気遣うひと言があれば「かなり有力である」のだそう。「寒いのでご自愛ください」くらいは、目上相手ならだれでも書きそうなものだが、HDP的にはこれは"イケる合図"らしい。......リアリティが感じられるのが「痛風」という具体的すぎる病名だけというのが、なんともいえない。

 また、女子からのメールに「ピンチ」「困ってる」「凹んでる」「落ち込んでる」などの"ネガティブ系センテンス"が入っていれば、「『私を構って欲しい』というアピールなのである」とHDPは断言する。ふつうに考えれば、「ピンチかも。助けて」なんてメールが届けば、それはカモられているだけ。だが、どこまでもめでたいのがHDPの流儀。この調子だから、「温泉、日本酒、ワインなどが話題に出てきたら、もう誘ってあげよう」と、女性からすれば確実に大迷惑な提案までおこなっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング