未亡人が芸能人に贈る「たかじんメモ」に疑問続出! まるでイタコの口寄せ?

リテラ / 2014年11月12日 8時0分

写真

 賛否両論が噴き出している百田尚樹のノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)。果たして本書は、無償の夫婦愛の物語なのか、それとも利権を独り占めした悪女の宣伝本なのか──。が、そんなことより、正直、気になって仕方がないのは、さくらさんが数々の芸能人に贈っている"例のメモ"である。

 なんでも、メモ魔だったというたかじんは、生前、ノートに"メモ"を遺しており、そこでは多くの芸能人やスタッフのことが書かれているらしい。百田センセイが2年間埋まっていた執筆計画を変更してまで『殉愛』を書いたのも、はじまりはたかじんが彼を絶賛している"メモ"をさくらさんに見せられたからだというが、百田だけでなく、そのメモをさくらさんから見せられた人々はこぞって、その感動を口にしている。

 たとえば、眞鍋かをりには、「人間失敗したもんしか成功を知ることはない 遠まわりこそ、人生の味わい」というあいだみつをを彷彿とさせる人生訓的メモが遺されていた。みんなが忘れかけていた事務所移籍騒動を蒸し返された格好だが、本人の胸にはよほど響いたのか、いまではメモを届けてくれたさくらさんと"女子会"を開くまでの親しい仲に。

 また、『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ系)で共演していた竹田恒泰もブログで「(たかじんからのメッセージは)さくらさんの言葉で伝えて下さいました」と述べ、そのメモには「恋愛に関するアドバイスもありました。。。」とのこと。そして眞鍋同様、さくらさんを「控え目で、気立てがよく、どこから見ても、至極素敵な方です」と褒め称えている。

 さらに人気ミュージシャンであるコブクロは、さくらさんから「コブクロ→大阪恋物語」というメモを送られ、9月に大阪で行われた音楽イベント「大坂の陣400年音楽祭」で、たかじんの「大阪恋物語」をカバーした。

 と、こんな具合に、メモを受け取った芸能人は、まるでありがたいお札でもいただいたかのように感動し、崇めているのだ。まさに"大阪の神の啓示"。しかし、漏れ伝わってくるメモの中身をチェックしていると、なかには「?」と首をひねるものもある。

 そのひとつは、無名時代からの付き合いである笑福亭鶴瓶に遺した文言だ。たかじんは、「つるべえと京都でのみたいな」「大阪で何かやりたいな。つるべにさくらをたのもう。あいつええ奴やし。安心やから」と、自分が逝った後のさくらさんを鶴瓶に託しているのだが、『金スマ』でそのメモが映し出された際、こんな言葉も書き連ねてあった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング