恋人たちはLINEで何を話しているのか?読モカップルの会話がエラいことに

リテラ / 2014年11月15日 12時6分

写真

 今や現代人にとってなくてはならないコミュニケーションツールと化した感がある「LINE」。ふと見渡せば、どいつもこいつもスマホをシュシュッとフリックしながらLINEを活用している。密な連絡がとれる存在がいるというのはうらやましい限りである。世の中には企業からの広告と、コンビニでウェブマネーのプリペイドカードを買ってきてほしいというお願いでしかLINEの通知がない人間もいるというのに。

 さて、そんなLINEをフル活用している人種といえば、やはりカップルだろう。しかも聞くところによると、カップルたちのLINEでのやり取りが、エラいことになってきているというのだ。いったい、どう「エラいこと」になってきているのか。"百聞は一見に如かず"と言うし、少し覗いてみよう。わかりにくいかもしれないが、女性は「」、男性は『』で表記させていただく。

「あみはYouTubeみてるんだが暇すぎる」『そんな時は、空を見上げてごらん?』『雨だよ』「あめだ。」「あ、かぶった」

 さあ、雲行きが怪しくなってきたが、気にせずにもうひとつ覗いてみよう。

「はぁー」『どした?』「すき♡」『はぁー』「どした?」『大好き♡』「きもいよ」『だまれ』『きれそお』「そんなとこも好きでしょ♡」
 
たしかにエラいことになっている。エラいおもしろくない、という意味でだが。しかし、なぜここまでポンポンとカップルのLINEトークが引っ張りだせるか、これを読まれている方は訝しんでおられることだろう。じつは、LINE上で行われている恋人たちのやり取りを書籍化したものが先日発売されたのである。その名もステキ、『LOVE LINE』。

 本書には、LINE上で行われている恋人たちのやり取りが収録されている。なんともまあクソッタレなテーマで本を作られたものだが、もうひとつ大きな特徴があるのだ。それはなんと、登場するすべての女性たちがいわゆる"読モ"であるという点。非リア充からすればもはや別銀河の生物としか思えない存在である彼女たち。「kira☆kira」とか「ギャルソン・ガールズ」とか我らとは遠い世界で活躍する読モたちの甘みたっぷり高カロリーのラブトークが見られるのだ。

 そんな巷でキャーキャー言われているであろう人種たちのLINEトーク。前述したものを見ていただいたことでお分かりいただけただろうが、まあとんでもないレベルである。しかし、それで終わるほど、本書は甘くはない。ではさっそく、本書のなかから、特にレベルの高い、戦慄級のカップルトークをご紹介しよう。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング