日テレ女子アナ内定取消し、ホステスがNGでミスコンがOKなのはなぜだ!?

リテラ / 2014年11月18日 12時0分

写真

 大きな話題となっている、日本テレビの女子アナ内定取り消し問題。東洋英和女学院大学の笹崎里菜さんが、来年4月の「採用内定」を日テレから得たものの、人事担当者にホステスのバイト歴を報告したところ、今年5月に内定を取り消されたという事件だ。「週刊現代」(講談社)11月29日号に掲載された記事によると、日テレ人事局長から彼女に送られたという書面には、こう書かれていたという。

〈銀座のクラブでホステスとして就労していた貴殿の経歴は、アナウンサーに求められる清廉性に相応しくないものであり、仮にこの事実が公になれば、アナウンサーとしての業務付与や配置に著しい支障が生ずることは明らかです〉

 アナウンサーに求められる清廉性──この文面を読んで、失笑を禁じ得なかった人も多いだろう。だいたい、女子アナがテレビ局に要求されているのは、朝はおじさん好感度を狙ったゆるふわファッション、夜は大物芸人やタレントのご機嫌をうかがって露出の高いドレスに身をつつみ、台本の流れを妨げない進行を行う、ほとんどホステス業務のようなもの。アナウンス技術なんて二の次、三の次なのだから、むしろホステス経験者というスキルを評価しろよ、と言いたくなる。

 だが、ここでつっこみたいのは、そんなことじゃない。問題は、彼女が「ミス東洋英和」だったってこと。"ミスキャンパスはOKでホステス経験はNG"という倫理観こそ、どうかしてると思うのだ。

 ご存じの通り、女子アナのミスキャンパス率は非常に高い。もちろん日テレに限ったことではなく、先日、TBSを退社した田中みな実と、滝川クリステルはミス青山学院の準ミスだし、ナインティナイン・矢部浩之の妻で元TBSの青木裕子と、産休から復帰した日本テレビの鈴江奈々、テレビ朝日の竹内由恵、元フジの中野美奈子はミス慶應だ。このほかにも、『とくダネ!』に出演中のフジテレビ・梅津弥英子、テレ朝の市川寛子、日テレの森麻季はミス青山学院、フジの本田朋子と戸部洋子、日テレの豊田順子はミス立教、テレビ東京の大橋未歩とフジの西山喜久恵はミス上智(ミスソフィア)......と、挙げればキリがない。有力なコネがなく、さらに元フジの平井理央やテレ東の紺野あさ美のようにアイドル出身という話題性も持ち得ない者は、最低でもミスキャンパス受賞歴が必要なのだろう。局アナ試験の実態はミスコン、と言っても過言ではないほどの採用率だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング