村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?

リテラ / 2014年12月1日 12時6分

写真

 9歳年下の夫と再婚して軽井沢でラブラブ生活を送っていたはずの売れっこ作家・村山由佳が2度目の離婚をしていた──。

「婦人公論」(12月7日号)のインタビューで、村山は自身の離婚について告白した。だがそれは「『結局、オレはポイ捨てかよ』 彼の言葉が胸に突き刺さる」というタイトルにあるように、赤裸々なものだった。

「私たちの間には、お金に関するいくつものトラブルがありました。そのことで、信頼関係が根底から覆されてしまった」

 村山は2003年に「星々の舟」で第129回直木賞を受賞、その後も夫以外との性愛を描いた「ダブル・ファンタジー」や母親との葛藤を描いた「放蕩記」など、自身の内面をモチーフにした作品が高い評価を浴びる売れっこ作家だ。特に「ダブル・ファンタジー」はそれまで少女の青春恋愛ものから作風を一変させ、女性の奥底に蠢く性愛、複数の男たちとの官能的な描写がちりばめられた作品であり、その後の村山の作風を決定づけた作品でもあった。そしてこの作品を執筆中の07年、17年寄り添った最初の夫と離婚、今回離婚することになる9歳年下の男性と再婚した。

 その後も自身の内面に抱えた"性へのドグマ"をテーマにした作品をいくつも世に出し続ける村山だが、その陰には村山自身「男度が高い」といつもノロけていた再婚相手の夫の存在があった。いや、そうだったはずだ。そんな2人に一体なにがあったのか。

 村山は「婦人公論」インタビューでいくつかの事例をあげ、こう話している。

「彼はもともと小説家志望で、私と出会った後、仕事を辞めました。形のうえは私の事務所の社長で、お金に関しては自由でした」

 村山を知る文芸関係者によると、「結婚前はバーテンなど水商売していた村山さんの夫は野性的でワイルドなタイプ。でも事務所社長とはいっても実際には作家のマネージメントや秘書的な仕事はしていなかった」という。いわば夫はほぼ無職で、生活費などすべては村山の腕にかかっていたらしい。実際、村山のインタビューでも金銭的な葛藤、そして仕事のない夫のプライドが結婚生活に陰を落としていたらしい。

「妻が一家の稼ぎ手で夫には収入がないという状態でありながら、男としてのプライドを保つのは、きっと彼でなくても難しいことですよ」
「最近の私は、自分の限界を超えるほどの仕事を引き受けていたけれど、出て行くお金が多くて、働けど働けど、な状態でした」

 こうした状態が夫への不信感にも繋がったと村山は言うが、小説家志望だったにもかかわらず、その夢がどうやら叶うことはなかった夫の立ち位置も大きかったようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング