『FNS歌謡祭』で露呈したジャニーズ派閥抗争の深刻度 奇跡の共演のはずが...

リテラ / 2014年12月4日 23時30分

 毎年高視聴率をたたき出してきた年末の恒例番組『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)だが、昨日(12月3日)放送された『2014FNS歌謡祭』は、過去最低の15.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、物議を醸している。

 今回、目玉企画とされていたのが、SMAP、嵐、TOKIO、関ジャニ∞といったジャニーズ事務所所属のグループ14組による約25分にも及ぶ"ジャニーズメドレー"だ。ジャニーズの大御所・近藤真彦のデビュー35周年を記念し後輩たちが登場し、マッチとのコラボを披露するということで、ジャニヲタたちは大盛り上がりだった。

 ジャニヲタたちがここまで喜んだのは、単に多くのジャニーズを堪能できるからではない。今回のメドレーが、最近ほとんど見られなかったジャニーズの派閥を超えた共演だったからだ。

 本サイトでも既報のとおり、ジャニーズにはジャニー喜多川社長の姪にあたる藤島ジュリー景子氏率いるジュリー派と、SMAPをイチから育て上げたチーフマネジャー飯島三智氏の飯島派があると言われている。ちなみに、ジュリー派に属すのは、TOKIO、嵐、V6、関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWS、Hey! Say! JUMPで、飯島派にはSMAP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、山下智久、A.B.C-Zが。KinKi Kidsとタッキー&翼は、ジャニー社長の直轄。ドラマやバラエティのキャスティングにまで影響を及ぼすというこの派閥争いは、年々激化の一途をたどってきた。詳しくは以下の記事を一読してほしい。

▽ジャニーズ事務所が分裂寸前!? ジュリーVS飯島の派閥抗争が深刻化!

 なかでも、露骨なのが今回の『FNS歌謡祭』のような生放送の大型音楽特別番組。SMAPの草彅や中居が司会を務める『FNS歌謡祭』や『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)、『音楽の日』(TBS系)には、飯島派のメンバーのみが出演。逆に嵐の櫻井翔が総合司会を務める『THE MUSIC DAY 音楽のちから』(日本テレビ系)では、ジュリー派のメンバーが名を連ねるといった異常事態が続いていた。

 唯一、この派閥関係なく楽しめると言われていた年越しの『ジャニーズカウントダウンコンサート』(以下、カウコン)も、今年は生中継されないことが決まったという報道もあった。

 それだけに、今回の『2014FNS歌謡祭』で見られる派閥を超えた共演には、Twitterでも「嵐とSMAPが同じ画面に収まっているのが貴重」「マッチの力は派閥を超える」「派閥関係ないって素晴らしい!!!泣ける!!!」と、歓喜する人が続出。これを機に、派閥がなくなるかもという期待の声さえ高まっていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング