やはり出た!週刊誌の百田尚樹『殉愛』擁護記事...文春、新潮は恥ずかしくないのか

リテラ / 2014年12月11日 9時0分

写真

 先日、本サイト・リテラが予した通り、週刊誌による百田尚樹とやしきたかじんの妻・さくら夫人の擁護キャンペーンが始まった。「週刊新潮」(新潮社)では百田とともにさくら夫人が取材に応じ、「週刊文春」(文藝春秋)のほうは百田が「林真理子さんの疑問にお答えします」という手記を寄稿した。

 しかも、内容も予想通りだ。百田の勝手な主張を載せているだけの「文春」はもちろん、一応、検証記事の体裁をとっている「新潮」も百田とさくら夫人の主張に丸乗り。これまで本サイトや2ちゃんねるで投げかけられてきた疑問にほとんど答えておらず、何の反論にもなっていない。

 まず、ふたりが否定しているのは、ネット上で暴かれたさくら夫人のイタリア人男性との結婚に端を発した"たかじんとイタリア人男性との重婚疑惑"だ。「新潮」ではイタリア人男性との離婚届の受理証明書を掲載し、2012年3月1日に離婚が成立していることを証明。たかじんと結婚したのが13年10月であるため、"さくらさんに重婚の事実はない"と主張している。

 だが、これは明らかに問題のスリカエだろう。たしかに一部のネットユーザーが"重婚の疑いがある"と指摘していたのは事実だが、本サイトは最初から"重婚とは限らない"と書いていたし、他のサイトも問題にしていたのはもっぱらさくら夫人が結婚歴を隠していたこと、たかじんとつきあい始めた後もしばらくはイタリア人夫と仲睦まじく結婚生活を続けていたという不倫疑惑だ。

 この点について、さくら夫人は「私とそのイタリア人男性は結婚の翌年の夏頃にはうまくいかなくなり、翌春には別居状態になっていました」と説明し、ネット上で発掘されたさくら夫人のブログに綴られているイタリア人夫との仲睦まじい様子についても「(日本にいる)家族を安心させるために」わざとアップしたものだと弁明している。

 百田も「文春」の手記や「新潮」のコメントで同様のことを主張し、離婚の経緯を「やがて離婚の話が出て、夫がイタリアから離婚同意書にサインするために来日したのと同じ頃、彼女はたかじん氏と出会った」と書いている。

 しかし、このふたりの"言い訳"は、きっと『殉愛』を追及してきたネット民にとって失笑を禁じ得ないものだろう。

 だいたい、百田はさくら夫人が離婚同意書にサインするために夫が日本へやってきたというが、その頃のブログは、〈あたしにとっては、「結婚2周年イヴ」、「ハニー、日本来日イヴ」でもあります〉〈妻として、イタリアへカードとスイーツを送りました〉と幸せ感が全開。来日時も、クリスマスデートの模様を数々の写真つきで紹介し、〈あたし、日本でしか買えないであろう、本人の欲しい物をあげようと思っていたので用意していませんでしたが、ハニーからはアクセサリー〉と、終始のろけっぱなしなのだ。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング