楽屋を仕切るボスは誰? NHKが教えてくれない紅白歌合戦の裏事情

リテラ / 2014年12月30日 12時30分

写真

 大晦日といえば、なんだかんだいっても「紅白歌合戦を観て年越し」という人は多いはず。スターが一堂に会し行われる歌の競演......しかし、その裏側がどんなものなのか、じつはあまり知られていないことも多い。そこで今回は、NHKが教えてくれない"紅白の裏事情"を『紅白歌合戦の舞台裏』(合田道人/全音楽譜出版社)から紹介したい。

 まず、多くの視聴者が疑問に思っているのは、"楽屋"事情だろう。「あれだけの人数が出演して、楽屋はどうなってるの?」と疑問に感じている人は数多いと思うが、ちゃんと個室が存在するらしい。

 舞台がある1階には7つの個室があるといい、そのうち2つは司会者用。今年なら、1番楽屋が嵐、2番楽屋が吉高由里子となるようだ。ここにはトイレとシャワールームも完備されているというから、さすが司会者は特別扱いだ。

 問題は残りの5つ。ここからは1部屋に2人が入るらしく、これまでならば〈3番に北島さんと五木さん。4番に森さんと細川さん〉という序列だったよう。現在ならSMAPあたりもグループで1部屋もらっているだろう。さらに女性陣では、現在は和田アキ子が筆頭主。そこに仲が良い天童よしみなどを同室とするケースが多いという。もちろん、仲が悪い相手とは同室にできないため、過去の例だと三波春夫と村田英雄は同室にしなかったらしい。

 で、気になるのは大御所以外の人々だが、男性は地下一階の大部屋に入れられ、女性の場合は間仕切りがある鏡付きの部屋があてがわれるという(ただし、AKBグループはNHKホールの隣りにある放送センターのスタジオを楽屋として使用)。普通ならばよほどの新人ではない限り出演者ごとに楽屋が与えられるものだから、大部屋で一緒くたにされるなどありえない絵である。

 さらに、どうでもいいけれど気にかかる紅白の謎といえば、弁当問題。一体どれだけの数を発注するのだろう?と思うが、じつは〈基本的にNHKの番組はお弁当はつかない〉らしい。さすがにスタッフや司会者にはお弁当が出るというが、どうやらそれ以外は"手弁当"なよう。ただし、和田アキ子は〈自分で握ったおにぎりを女性陣全員に届けたり〉するそうだ。和田アキ子のおにぎり......どんなにお腹がいっぱいでも、緊張で飯など喉を通らなくても、絶対に受け取り拒否などできまい。

 もちろん、だからといってギャラがいいわけでもない。その証拠として、本書の著者は淡谷のり子か菊池章子が言った言葉として「日本薄謝協会だからNHKなのよ!」という名言(?)を紹介している。楽屋は大部屋、弁当も出ず、ギャラも安い......それでも許されるのが、天下の紅白というものなのだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング