ジャニーさんがラジオで衝撃発言!「ジャニーズ全員、丸坊主にしたい」

リテラ / 2015年1月2日 13時0分

写真

 まさかここまでぶっちゃけてくれるとは──。元日の夜、ジャニー喜多川氏が『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』(NHKラジオ第1)に出演することは、芸能マスコミの間で話題になっていた。しかし、ジャニーさんといえば、最近少しずつメディアに露出するようにもなったとはいえ、基本的には影の存在。自分のことはもちろんジャニーズの内幕についての話もほとんど明かしたことがない。きっと、今回も差し障りのない話に終始するだけだろう......。

 そんなふうに思っていたら、ジャニーさん、なんと蜷川のインタビューに答える形で、生い立ちからジャニーズの歴史、タレントへの思い、さらにはこれまでささやかれてきた数々のジャニーさん伝説の真相についてもぶっちゃけトークを展開したのだ。

 まず、蜷川はいきなり、聞きたくても聞けなかった話として、「ジャニーさんはさぁ、タレントのことYouって呼ぶでしょ? あれには自覚的な選択があるの?」と質問。これに対して、ジャニーさんはアメリカではYouが主語だから、痛いとき瞬間的に「Ouch!」と言ってしまうのと同じだと言いながらも、「Youしか覚えられない」、つまりタレントの名前を覚えられないから使っていると意外な真相を明かして笑った。

 このインタビューの前に2人は舞台を観劇していたのだが、その舞台に出てる子の何割覚えてる?と聞かれても、「あ、覚えてないです。自慢じゃないけど覚えてない」ときっぱり。

 そして、話はジャニーさんのタレントの選び方に移っていく。蜷川は若いとき、ジャニー氏に「誰かいい人紹介してよ」と頼み、男闘呼組の岡本健一やSMAPの木村拓哉、中居正広などを紹介してもらったことがあるため、彼の審美眼には絶対の信頼を置いていたようだ。しかし、V6の森田剛を紹介されたことにふれて、「僕ね、感心してるのはね、ジャニーさんとこは懐深いね。ああいう森田みたいな、変わった子をちゃんと......」とつっこむ。

 すると、ジャニーさんは喰い気味に「ああ、顔だけでは選ばないということですね」と返したのだ。それを受けて蜷川が「あの変な、ヒゲとかはやして(笑)」と続けると、「ついに言っちゃったー(笑)」とジャニーさん大ウケ。蜷川が森田に「汚い顔してお前、野ネズミか!? よくジャニーズ事務所にいられるよね」とまで言ったと聞いても怒るわけでもなく、「人間はやっぱりそれぞれみんないいとこあるの」「マッチなんか写真見てたって何この子って。だけど、なんていうのかな、ハートがやっぱり伝わってくるんですよね。みんなそれぞれ若い人って本当に気持ちがありますよね」と返す。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング