『マッサン』苦戦を招いた怖すぎピン子、“死に芸“で視聴率復活なるか?

リテラ / 2015年1月5日 8時0分

写真

 視聴率の低下から「朝ドラ爆走の息の根をとめる作品になるのか!?」と注目を浴びているNHK連続テレビ小説『マッサン』。だが、ここにきて視聴率が復調。15〜20日放送分の第12週では、5週間ぶりに平均視聴率20%の大台を取り戻した。

 しかし、テレビ業界関係者のあいだでは「正念場は年明けの放送にかかっている」という見方が広がっている。というのも、本日スタートの1月5日〜10日放送分は、あの泉ピン子がメイン級で再登場するから。じつは、『マッサン』の視聴率が下落したのは、ピン子に原因があるのではないか?と見る向きがあるのだ。

 最初にピン子が登場したのは、スタートの第1週。この時点では数字も高く、順調な滑り出しと思われていた。が、再びピン子が登場した第8週で視聴率は下向きに。はじめて平均20%台を割ってしまったのだ。これが『あまちゃん』から前作『花子とアン』までつづいていた"平均20%以上"という朝ドラの記録が破れてしまった週となった。

 そもそも、第1週からピン子を"不安視"する声はあがっていた。ピン子の役どころは、ひとり息子の政春(玉山鉄二)の母親で、息子が連れ帰った妻・エリーに「外国人の嫁は絶対認めまへん」「出てってつかあさい!」と声を荒げる鬼姑。超がつくほどピン子のハマリ役なのだが、逆にハマりすぎて朝からドン引きする視聴者が続出し、「陰鬱な気分になる」「観ているのがツライ」という意見がネット上にも殺到していた。こうした視聴者が、ピン子再登場の第8週を敬遠し、結果として視聴率低下を招いたのでは......というのだ。

 NHKとしても、これは大きな誤算だっただろう。『マッサン』の制作はNHK大阪(BK)だが、同じくBK制作だった『ごちそうさん』では、キムラ緑子が小姑としてヒロインの杏に行ったイビリが大ウケ。ピン子も「やっぱり(撮影に)入るときに緑子には負けないぞと思いましたよ」と発言しているように、キムラのイビリ芸を多分に意識していたはずだ。

 だが、キムラ緑子のイビリと泉ピン子のそれは、同じようであってまったく違う。たしかにキムラのイビリも相当に陰惨で、料理はひっくり返すわ、ヒロインの夫の初任給を横取りするわでやりたい放題。だが同時に、ヒロインの荷物を実家に送り返すべくタンスまで積み込んでひとり押し車を押すなど、イビリの"滑稽さ"もきちんと描いていた。キムラのイビリにはそうした思わず笑ってしまうバカバカしさがあったから、視聴者も乗ることができたのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング