「殺されるかも」小栗旬が親友・鈴木亮平に洩らした“芸能界批判“

リテラ / 2014年9月3日 8時30分

写真

 8月30日に封切られた、小栗旬主演の映画『ルパン三世』が、予想通りの賛否を巻き起こしている。ネット上では酷評も数多いが、逆に"怖いもの見たさ"ゆえか、客足は順調なようだ。

 小栗といえば、プライベートでは山田優との結婚後も浮気疑惑が報道されるなど数々の浮き名を流してきたが、演技に対しては一家言ある人物として有名。そんな小栗が、日本の芸能界に対して過激な"批判"を行い、一部で話題を呼んでいる。

「僕らの同世代でも上の世代でも「この人、何も考えてないのによく生き残ったな」っていう人はいますから。事務所の力もありますし」
「例えば「映画にしか出ない」とか言ってる人が、コンサバなテレビコマーシャルに出ているのを見ると、「話が違くね?」って思ったりするんですよ。「金もらったらコンサバなテレビコマーシャルに出るのに、テレビドラマは下に見るんだ。意味わかんねえ」って」

 ──多くの芸能人を敵に回してしまいそうな、強烈な本音の数々。第一線で活躍する若手俳優がここまで突っこんだ発言をするのは、日本の芸能界では稀である。

 この発言は、「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.115におさめられたインタビューで、小栗の親友であり『花子とアン』(NHK)でブレイクを果たした鈴木亮平との対談でのこと。しかし、なぜ小栗はこうした批判を繰り広げているのか......。そこには、現状の芸能界への苛立ちがあるようだ。

 たとえば、小栗は"いい作品"をつくるためにも、俳優の労働条件を改善するべく、俳優のための労働組合づくりを構想しており、「ぼちぼち本格的にやるべきだなと思っています」と語っている。アメリカにはSAG-AFTRAといった役者のための組合があるが、日本ではこれに匹敵するような大規模な組合はない。小栗は、あえて自分がその"旗振り役"になろうと考えているようなのだが、「みんなけっこう、いざとなると乗ってくれないんですよ」と落胆ぎみ。そして、"のってくれない"理由を、小栗はこのように分析する。

「たぶん傷つきたくないからだと思うし、今の自分の立場を失いたくないからだと思う。その気持はわかるけど、「意外と口先だけで覚悟がねえんだな」って思うことは多いし、ちょっと悲しくなりますね。僕はどこかで、無理してまでこの世界に生き残っていたいとも思ってないんですよね。だからこそ、変えるしかないじゃんと思ってる」

 さらに小栗は、こんな物騒な発言も行っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング