泥沼化! 江角マキコも落ちた“ママカースト“地獄の恐怖

リテラ / 2014年9月5日 12時30分

写真

 ブログでのいじめ告白以降、次から次へ予想外の展開を見せている江角マキコの"ママ友"問題。自分がいじめられていたと告白した途端、別のママ友から「いじめは江角のほう」との反撃を食らい、さらに追い打ちをかけるかのように「週刊文春」で長嶋一茂邸への落書き事件への関与が報じられる始末。

 この落書き事件は青山学院幼稚園の有力リーダーだった長嶋の妻と、ママ友だった江角との間に確執が起こったためのものだというが、その内実はあまりにレベルの低いものだ。

「そもそも江角が仕切りたがり屋だったことで、当初は仲良しだった長嶋一茂妻を中心とするグループから仲間外れにされたようです。しかしそのいじめは本当にくだらないもの。江角がいると近寄らない、無視する、陰口をたたく──。しかも青学は著名人の子息も多く通い"掟"やら"ママカースト"といった差別や区別が激しい。子どもたちの両親や祖父母の"出自""ステイタス"が大きな幅を利かせる世界で、地方出身者も差別の対象となるようです。江角は島根出身"成り上がり"ですからそのことでもパージの対象となった」(週刊誌記者)

 部外者から見れば、双方どっちもどっちで、そんなことで差別?いじめ?とただただ驚くばかりだが、ママカーストは摩訶不思議、魑魅魍魎の世界であるらしい。

『ママの世界はいつも戦争』(杉浦由美子/ベストセラーズ)には、そんな恐怖のママ友ワールドが描かれている。

「ベビーカーの大きさ、自己実現は自分のキャリアか子供の受験か、タワマンに住むか公団に住むか"ママカーストの新機軸"」

 これは本書の紹介文だが、ママでない人には何のことかさっぱり分からないだろう。では最初にベビーカーから説明したい。

 本書によるとママ友の間では「ベビーカー」はお互いの"家の経済事情"を推し量るツールだという。どういうことかというと、一般的に大きく重いベビーカーは乗り心地がよく、押しやすく、そして値段が高い。

「重たいベビーカーを使えるのは、ベビーカーを持ち上げる必要がない人たち、つまり、エレベーター完備のタワーマンションに住むママたちです」

 重たいベビーカーを使っているママはバリアフリー完備や、タワーマンションに住むお金持ち。一方軽さがウリのベビーカーは安定度が低く、値段も安い。よって重いベビーカーのママの方が経済カースト的に上だということらしい。

 このようにベビーカーひとつで「目に見える経済格差」により"格付け"されるママ達。さらに「教育方針」や「有職か専業主婦か」といったことでも細かくグルーピングされてしまうという。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング