痴漢に間違われた時「絶対にやってはいけないこと」 弁護士8人に聞いてみました

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年7月28日 21時2分

写真


「この人痴漢です!」と、あなたの手が急に掴まれて叫ばれたら、その時どういう行動をとりますか?

この時の行動が今後の人生を左右するかもしれません。

「無実を訴える」「走って逃げる」…など、色々な「最善の行動」が提案されていますが、実際どうなのでしょうか。

無罪になるのは0.02%とも言われる痴漢に関する裁判。今回はこの絶望的な裁判に巻き込まれる前に知るべき最善の方法を、シェアしたくなる法律相談所で執筆されている先生の中から8名の先生に聞いてみました。

銀座ウィザード法律事務所

●小野智彦先生の場合

状況によりけりでしょう。

全くあり得ない状況で間違えられたのであれば、その場で「自分ではない。」と明確に主張すべきです。隣に居合わせた人に確認をとり、証言をしてもらうこともあり得るので、名刺交換しておくと良いでしょう。

注意すべきは、どんなに仕事の時間が押し迫っていたとしても、その場から足早に立ち去らないことです。逃げたら、罪証隠滅、逃亡の恐れありとして、逮捕勾留されます。痴漢が行われやすい満員電車では、必ず正義感の強い人が乗り合わせていますので、女性が叫んだら、必ず捕獲されます。

ですので、絶対に立ち去らず、その女性と一緒に駅員なり、警察官なりのところへ同行しましょう。
その際、ご自身の身分証明書、名刺を差し出し、会社や親、顧問弁護士がいればその弁護士に連絡を取って身元を保証してもらい、いつでも出頭して取り調べに応じる旨を述べてください。恐らく、これで逮捕勾留されることはないと思います。

逆に、痴漢と疑われても仕方ないな、という状況の場合は、その場で素直に認めて謝るのが一番です。自分の連絡先を教えて、示談したいから連絡が欲しいと伝えるか、顧問弁護士がいれば、その場で連絡をし、代理人として示談交渉にあたる旨を伝えてもらいましょう。これで、逮捕勾留されることはないと思います。

高島総合法律事務所

●理崎智英先生の場合

まずは、知り合いの弁護士に連絡して、弁護士が現場に到着するのを待ちましょう。

もし、知り合いの弁護士がいなければ、弁護士会に電話をして「当番弁護士」を呼ぶようにしてください。

弁護士が到着するまでは、被疑事実に関する言い分等は何も話さないことです。

その後、弁護士立会いのもとで、駅員や警察に対して自己の言い分を話すようしてください。

星野法律事務所

●星野宏明先生の場合

駅事務室に行かず、被害者(と称する方)に捕まえられても立ち止まらず、名刺2枚と免許証を渡して堂々と立ち去る。

シェアしたくなる法律相談所

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング