お金を借りる前に絶対に知っておきたい、注意すべき4つの基本

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年8月10日 21時2分

写真

お金がどうしてもすぐに欲しい、だけど借りるあてもない…そんな時、消費者金融などでお金を借りるという事があるかもしれません。

しかし、高い利息や遅延損害金など、様々な問題があり、前もって注意すべきことを知っていないと、更に生活を苦しめる要素になってしまうかもしれません。

お金を返すためにまたお金を借りるという負のループに陥る「多重債務者」も多くいるのが現状です。そこで、今回は、お金を借りる時に大切な注意点を4つ、ご紹介したいと思います。

●利息に注意する

消費者金融からお金を借りる場合、通常、元本のほかに利息もつけて返済しなければなりません。

たとえば、100万円を借りた場合、年利が15パーセントだとすると、1年間で15万円の利息がつきます。

そのため、お金を借りる際には、必ず利息を確認するようにしてください。

また、元本と利息を合わせて、完済までに合計でいくら返済しなければならないのかも確認するようにしてください。

●遅延損害金は最大で年利29.2%(貸金業者の場合には20%)

借金の返済を遅延した場合の遅延損害金は、契約に基づく利息よりも高率であるのが通常です。

たとえば、消費者金融から100万円を借りて、返済を1年遅滞した場合の遅延損害金は、最大で20万円(年利20%)にまで膨らみます。

そのため、契約で定められた返済日には、遅れずに返済することが大事です。

●返済プランを念頭に置く(自分の返済能力に応じた額の借金をする)

当然のことですが、借りたお金は将来返さなければいけません。

そのため、お金を借りる段階で、将来返済するときのプランを考えておく必要があります。

現在お金に困っているからといって、将来返済できないような額のお金を借りないよう注意しなければなりません。

大事なのは、借金をせざるを得ない場合でも、将来の自分の返済能力に応じた額の借金をするということです。

●闇金には絶対に手を出さない

利息制限法や出資法の上限利率を大幅に超える金利でお金を貸し付けている人(会社)や無登録で貸金業を営んでいる人(会社)は、いわゆる「闇金」と呼ばれています。

多くの方が「トイチ」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、この「トイチ」とは、10日間で利息が1割つくことを意味します。

すなわち、1か月(月利)だと3割、1年(年利)だと36割(360%)の利息がつくということです。

たとえば、「トイチ」で10万円を借りた場合、1年間の利息は、元本の36倍の360万円にまで膨らんでしまうということです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
シェアしたくなる法律相談所

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング