「艦これ」で盛り上がるアニメクソコラグランプリは著作権侵害だった

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年8月9日 21時4分

写真

人気ゲーム「艦隊これくしょん」(艦これ)のTVアニメが放送されることになっているようですが、そのPVが先行公開されました。
そうしたところ、一部シーンがシュールだとして、インターネット上でその画像を用いたコラージュ作品が大量にアップされるという事態になっているようです。

これについては、著作権侵害ではないか?という指摘もあるのですが、実際はどうなのでしょうか。

■同一性保持権の侵害

もともとの画像には著作権が発生していると思われますが、著作者にはその著作物を意に反して変更されない権利、同一性保持権があります。

コラージュ画像は、もともとの画像の一部を削除したり、別の画像を重ねていたりするため、著作者の同一性保持権を侵害しています。

■複製権の侵害

著作権には、著作物を複製する権利があり、これを複製権といいます。たとえば、音楽をCDからコピーすることは原則的には複製権侵害になります。

しかし、音楽をコピーしても普通は問題にされないのは、それが私的利用の範囲にとどまっているからで、私的利用なら著作権者の許可が不要だからです。

私的利用とは、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することですが、インターネット上に公開すること=全世界に公開するということなので、私的利用の範囲に含まれません。

コラージュ画像は、艦これの画像を勝手にコピーしてインターネット上に公開しているものなので、複製権を侵害することなります。

ちなみに、コラージュ画像は、艦これの画像だけではなく他のキャラクターなどが組み合わされています。そのため、そのキャラクターを勝手に複製しているという点でも複製権侵害があることになります。

■翻案権の侵害

さらに、コラージュ画像は他のキャラクターなどを組み合わせて作っているようです。

著作権には翻案権という権利が含まれています。翻案権とは、簡単にいえば、表現の本質的な特徴を変えることなく表現形式を変更することができる権利のことです。

コラージュ画像は、表現の本質的な特徴を変えていないからこそ「面白い」として大量にアップされているものです。そのため、翻案権も侵害することになります。

このようなコラージュ画像は、著作権を侵害しているといえそうです。

*著者:弁護士 清水陽平(法律事務所アルシエン。インターネット上でされる誹謗中傷への対策、炎上対策のほか、名誉・プライバシー関連訴訟などに対応。)

*出典:YouTubeより「艦隊これくしょん -艦これ- 先行PV第壱弾」

シェアしたくなる法律相談所

トピックスRSS

ランキング