日本に大きな影響を与えた「中国の10大ニュース」

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年12月21日 11時8分

写真

年末も近づいてきましたが、師走の名のとおり、皆様お忙しくされているでしょうか。

中国では、旧暦の正月を祝うので、上海の街にはそれほど変わった様子はありません。しかし日本人駐在員同士では忘年会シーズン真っ盛りで、今年の中国のニュースを酒の肴にあれでもないこれでもないと議論しています。

ある日系企業の忘年会の様子を覗いて、2014年の中国関連ニュースをおさらいしてみましょう――。

大手商社の日本人駐在員の平さんと長部部長が、顧問弁護士の王先生とささやかな忘年会をしています。

平さん「いやー、ここのモツ鍋は美味しいですねえ、王弁護士」

王弁護士「平さん、違うよ。ここは在日韓国人の韓国料理屋だから、この鍋は、ちりとり鍋!鍋の形が四角いちりとりに似てるでしょ?大阪に住む韓国の人たちが始めた料理みたいよ。モツだけでなくカルビも入ってるでしょ?」

長部部長「流石、王先生、良くご存じで。中国で日本人と中国人が韓国料理を食べる。東アジアの縮図と言ったところですね。ところで今年も終わりですが、日系企業に影響の大きかった中国10大ニュースとしてはどんなものが挙げられますかね?」

●その1…首脳会談

「10個は多すぎるよ、よくばりね部長」と笑いながら、王弁護士が箸を置く。

王「そうね、なんといっても11月のAPECのときの習近平国家主席と安部首相の首脳会談ね。ビジネスにもそのうち影響はあると思うよ」
平「全く笑わない習近平の態度が大人げないと思いましたけど」
王「面子の問題ね。中国では意味なく笑う方が大人げないとされるよ。笑顔がなくても国家主席が日本と会ったというのは大きいよ。中国の地方政府は、日本企業や政府とどの程度交流を再開していいか中央政府の考えが分からず困っていたので、歴史問題は忘れないが互恵関係を深めるというメッセージが明確になったのは、中日双方に良い指針ね。」

●その2…大気汚染問題

平「APECといえば、APECブルーはすごかったですね。」
王「APECの期間は工場や車の排ガス規制をしたから、PM2.5の数値は日本よりも良かったね。でもその間操業停止をした工場などの吹き飛んだ利益は、何十億円ではきかないでしょう」
部長「大気汚染の問題は昨年から大きな問題になり出したけど、北京マラソンやAPECなど、世界的イベントのせいで特に注目されましたね。日系企業にとっても駐在員の健康安全管理義務としてどこまで気を使えば難しいところでしょう」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
シェアしたくなる法律相談所

トピックスRSS

ランキング