2014年「消費者問題に関する10大項目」 その内容とは?

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年12月23日 11時6分

写真

今年も、国民生活センターから「消費者問題に関する10大項目」が発表されました。

これは、消費者問題として社会的注目を集めたものや消費生活相談が多く寄せられているもの等から、国民生活センターが選ぶものです。

10大項目は以下のようになっています。

●1…高齢者の消費者被害依然として多く 認知症等の被害者も目立つ

契約当事者が65歳以上の相談は、全相談の3割近くを占めています。認知症等の理由によって判断能力が不十分な状態になっている高齢者の被害も目立っています。

●2…事業者からの個人情報の大量流出事件発生

2014年は、株式会社ベネッセコーポレーションが保有する顧客の個人情報が大量に流出する事件が発生しました。経済産業省や消費者庁がガイドラインの改訂等の再発防止策に取り組んでいます。

●3…公的機関等をかたる詐欺的勧誘が急増 国民生活センターをかたる電話も頻発

個人情報流出事件を受けて、「あなたの情報が流出していないか確認してあげる」「あなたの個人情報が漏れているので、削除してあげる」などと電話がかかってきた等、個人情報についての不安につけこむ詐欺が昨年より急増しました。公的機関の職員、複数の業者や弁護士などを名乗る多数の役回りが登場して、最終的にお金をだまし取る「劇場型勧誘」も多くみられます。

●4…食の安全と信頼が脅かされる事件が相次ぐ 食品の安全性に関する相談がここ5年で最多

昨年末に発生した、冷凍食品の一部に農薬が混入された事件を始めとして、チキンナゲットを製造する中国工場での不衛生な実態の発覚、輸入ししゃもへの汚物付着など、食品の安全や衛生に関する問題が相次いで明るみに出ました。また、メニュー表示の偽装が明るみにでた企業も多くありました。

●5…インターネット通販などのネット関連トラブルは引き続き増加

インターネット関連の相談、特に、インターネット通販に関する相談件数が増えています。また、SNSをきっかけとしたインターネット通販トラブルも増加しています。コピー商品や偽造品などの「ニセモノ」に関するトラブルも多いです。

●6…遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルが急増

大手電話会社の関連事業者を装った相手に、プロバイダ契約の内容変更を遠隔操作でしてもらった後のトラブルについての相談は、2013年同期と比べ、5倍以上と急増しました。

●7…若者に投資関連トラブルが拡大 バイナリーオプション取引などが顕著

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
シェアしたくなる法律相談所

トピックスRSS

ランキング