有給取得で「査定に響く」「賞与が減る」…法的に問題はない?

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年3月27日 7時0分

写真

皆さんの会社では、有給休暇は取りやすい環境にありますか?

他の人に迷惑をかけたくないから、といった理由で、有給を取得できる環境にありながらも自ら取得しない人も一定数いるようです。

ただし、中には「有給を取ると査定に悪影響があるから」といった一見違法に思える理由から有給を取得しない人もいるようで、ネットでは話題になっていました。

そこで、今回は「有給を取得すると査定に悪影響がある」「有給を取得するとボーナスが減らされる」というケースが法的に問題がないかどうか解説していきたいと思います。

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

■有給を取得すると、査定に悪影響が…法的に問題ないのか?

結論から言うと、違法と判断される可能性が高いです。

有給は正式には年次有給休暇と言い、休んでも給料がもらえる休暇のことをいいます。

労働基準法は、雇われた日から計算して6ヶ月続けて働いていて、本来出勤しなければならない日(「全労働日」といいます)の8割以上出勤した労働者に有給を取得する権利(「年休権」といいます)を認めています。

労働基準法が労働者に有給を取得する権利を認めているのは、労働者の健康やプライベートを充実させるためです。

したがって、使用者が労働者の年休権行使を不当に制限することは許されないし、年休取得を理由として賃金を減額する等労働者を不利益に取り扱うことも原則として違法・無効となります。

査定は、昇給(毎年・毎月の賃金)が関わってくるわけですから、労働者にとって最大の関心事です。

有給を取得すると査定に悪影響ということになれば、普通の労働者は有給を取得することに躊躇してしまいます。これでは、労働基準法が年休権を保障した意味がありません。

したがって、有給を取得すると査定に悪影響がある場合、違法と判断される可能性は高いです。

■有給を取得すると、賞与から1万円引くことは法的に問題ないのか?

ケースバイケースで、違法・無効になるケースもあれば、適法・有効というケースもあると考えます。

労働基準法が年休権を保障している趣旨からすれば、有給の取得を理由に賞与を減額する等の不平等な措置を採ることは好ましくありません。

しかし、事業のスムーズな運営に配慮・貢献した者に一定のボーナスを付与することは認められてもいいわけです。

そこで、有給取得を理由とした不利益取扱いの効力について、措置(不利益取扱い)の「趣旨、目的、労働者が失う経済的利益の程度、年次有給休暇の取得に対する事実上の抑止力の強弱等諸般の事情を総合して、年次有給休暇を取得する権利の行使を抑制し、ひいては同法が労働者に右権利を保障した趣旨を実質的に失わせるものと認められるものでない限り、公序に反して無効とすることはできない」とした最高裁の判例もあります(沼津交通事件最高裁平成5年6月25日判決)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング