「転勤するか退職しろ」…応じる必要はある?

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年11月15日 6時30分

写真

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

大企業など、日本や海外に支店を持つ会社では、転勤となることが多々あります。会社側からすると人材に様々な経験を積ませること、売上や生産力の向上、優秀な社員を送り込むなどの狙いがあるのでしょう。

一方で、不祥事や能力不足による「飛ばし」ということもあるよう。なかには、「お前はいらないから、遠方への転勤か退職かどちらかを選べ」と言われることもあるようです。

そのような行為は、やはり違法のようにも思えるのですが……。このようなことは許されるのか。企業法務に詳しいパロス法律事務所の櫻町直樹弁護士に解説していただきました。

■転勤しなければ退職は許される?

「まず、会社が従業員に転勤を命じることも“業務命令”ですから、命令の根拠となるものが必要です。

この点について、最高裁判所は、就業規則や労働協約において“業務上の都合により転勤を命じることができる”旨の定めがあり、実際にも従業員を転勤させていた、(入社の際に)勤務地を限定する旨の合意がされていない、といった事情を前提として、

「会社は個別的同意なしに・・・勤務場所を決定し、これに転勤を命じて労務の提供を求める権限を有する」

と述べています(最高裁判所昭和61年7月14日判決・判タ 606号30頁)。ただし、根拠がある場合でも、会社が従業員を自由に転勤させることができるという訳ではありません。

上記最高裁昭和61年7月14日判決は、

「使用者は業務上の必要に応じ、その裁量により労働者の勤務場所を決定することができるものというべきであるが、転勤、特に転居を伴う転勤は、一般に、労働者の生活関係に少なからぬ影響を与えずにはおかないから、使用者の転勤命令権は無制約に行使することができるものではなく、これを濫用することの許されないことはいうまでもない」

として、転勤を命じるにも一定の制約があるとしています。

つまり、“業務上の必要性”が存在しない場合や、業務上の必要性があったとしても、不当な動機・目的(例えば、会社に批判的な従業員への嫌がらせ等)のもとに転勤が命令された場合、あるいは、従業員に“通常甘受すべき程度を著しく越える不利益”を負わせる場合には、転勤命令は“権利の濫用”として無効とされるということですね。

ですから、そもそも転勤命令が無効であれば、従業員は転勤命令に従う必要がないのですから、会社が従業員を“転勤に合意できないならクビだ”とすることはできません」(櫻町弁護士)

■命令が有効である場合は?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
シェアしたくなる法律相談所

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング