ゲーム実況動画をYouTubeにUP…著作権侵害では?

シェアしたくなる法律相談所 / 2018年3月26日 14時38分

写真

ある質問掲示板に、「ゲーム実況動画をアップロードする行為は、著作権侵害にならないのでしょうか?」という旨の書き込みがあり、話題になりました。

たしかに、著作者の許可なく著作物をアップロードする行為は、著作者の複製権・公衆送信権などを侵害します。

著作権侵害の可能性があるのに、
なぜ、実況プレイヤーは逮捕されないのでしょうか?
なぜ、動画は削除されないのでしょうか?

この記事では、ゲーム実況動画と著作権侵害の関係について解説していきます。

ゲーム実況動画をアップした際に侵害しうる著作権は次の2つ

大前提として、ゲーム実況動画をUPした際に、著作者のどのような権利を侵害しうるのか整理しておきましょう。

複製権…自分の作品(著作物)を勝手に複製させない権利
公衆送…信権 自分の作品を勝手にアップロードさせない権利

ゲームを録画する行為は複製権を、不特定多数に公開する行為は、公衆送信権を侵害している可能性があります。

ゲーム実況動画をアップしても、なぜ罪に問われないのか?

では、ゲーム実況動画をアップしてもなぜ罪に問われないのでしょうか?

ゲーム実況を許可しているゲーム制作会社もあるから

音楽業界などと比べると、ゲーム業界は比較的著作権に関して寛容な傾向があるようです。

例えば、プレイステーション4には、プレイ動画をYouTubeにアップできる機能がついていますし、任天堂には、“Nintendo Creators Program”という、ゲーム実況者と任天堂が広告収入をシェアするプログラムがあります。

ただ、すべてのゲームをアップロードしてよいわけではありません。
ゲーム実況動画を投稿する際は、Nintendo Creators Programのようなページから、利用可能なゲームを確認するとよいでしょう。

ゲームの宣伝になるから

実況動画がUPされることは、なにもゲーム制作会社にとってデメリットばかりではありません。有名な実況者が動画をUPした場合、10万回以上再生されることもあります。

制作会社からすれば、無料で宣伝ができることになり、なかには、企業から実況者にPRを依頼するケースすらあるようです。

ゲーム実況動画が問題になるのはどんなとき?

木川先生:
実況が許可されていないタイトルのゲームについては、上記のとおり実況動画のアップロードにより著作権侵害となり得ます。著作権侵害に当たり得るとしてもそれが黙認されてきた理由は、上記のとおりゲーム会社にもメリットがあるからです。バグプレイや、ストーリー性が重要なゲームなどでネタバレを行うプレイではなく、通常の実況動画であれば損害は発生していないとも考えられるからです。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング