「電車で女に痴漢された!」男の痴漢と同様に逮捕できる?できない?

シェアしたくなる法律相談所 / 2018年4月20日 6時0分

写真

“女の痴漢”。あまり聞きなれないですが、

電車の揺れに合わせて股間を触られた 電車の壁にもたれていたところ、あとから入ってきた女性に手のひらを股間に5、6分間置かれた

実際に上記のような被害を受けた男性もいるようです。実は、この手の相談を弁護士として受けたこともあります。

こういった、女性から男性へのわいせつな行為に対して、「この人痴漢です!」ははたして通用するのでしょうか?

わいせつな行為をされたのであれば男女問わず罪に問える

電車は、公の場所といえますので、公の場所におけるわいせつな行為は、迷惑防止条例違反、強制わいせつ罪(刑法第176条)などに該当しえる行為です。問題は、女性から男性へのセクシャルな行為が、わいせつといえるほどのものかどうかです。迷惑防止条例違反も、都道府県自治体が制定している行為ですが、その対象については「何人も」と規定しています。ということは、実は、女性のセクシャルな行為も、該当しえる行為といえるのです。

刑罰は、下の通りです。

東京都迷惑防止条例(正式には、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例の略称です):6ヶ月以下の懲役、または、50万円以下の罰金

強制わいせつ罪:6ヶ月以上10年以上の懲役

暴行罪:2年以下の懲役、または、30万円以下の罰金

なお、『条例』とは、地方公共団体が独自に定めるルールになるので、適用場所、内容は異なりますが、これらには男女の制限はありません。そのため痴漢したのが男性だろうと女性だろうと刑罰の対象になるのです。

ちなみに、わいせつな行為とは、その定義は、13歳以上のものに対して、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をする、13歳未満に対しては、暴行や脅迫をしていなくても適用されると定められています。簡単にいうと“相手の許可を得ずに自分の性的好奇心を満たすために相手に接触すること”です。ちなみに許可があれば、これに該当しないことになります。

電車内で痴漢してきた女性を訴える場合にはリスクがある

「痴漢をされたらその女性を突き出すべきか?」と聞かれると微妙なところでしょう。その理由は、『逆に罪が成立してしまう可能性があるから』です。

もし、痴漢された男性が電車内で「この人、痴漢です!」と女性の手を持ち上げて主張したとしましょう。そうすると女性のほうは「そんなことするわけないじゃないですか」などと否定することが考えられます。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング