1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

コロナ感染で社員を解雇は可能? 会社の責任を問うことは? 疑問を弁護士が解説

シェアしたくなる法律相談所 / 2020年4月23日 10時19分

新型コロナウイルス感染者に経営者が懲戒処分とすることは難しいことがわかりました。それでは逆に会社でウイルスを「移された」人が、会社に対し安全管理義務違反などに問うことはできないのでしょうか?

法律事務所あすかの冨本和男弁護士に聞くと…。

冨本弁護士:「これもなかなか難しいのではと考えます。

確かに,会社は労働契約上の付随義務として、労働者の生命や身体等の安全に配慮する義務を負っています(労働契約法第5条)。

しかし,安全配慮義務の内容は、職場やその時々の状況によって変わってきますので、会社が極めて感染リスクの高い状況を知りつつ放置していたような場合でもなければ難しいのではと思います」

専門家に相談を

緊急事態だけにケース・バイ・ケースなことも多い様子。法的に不明点がある場合は、専門家に相談してみましょう。

*取材協力弁護士:冨本和男(法律事務所あすか。企業法務、債務整理、刑事弁護を主に扱っている。親身かつ熱意にあふれた刑事弁護活動がモットー)

*取材・文:櫻井哲夫(本サイトでは弁護士様の回答をわかりやすく伝えるために日々奮闘し、丁寧な記事執筆を心がけております。仕事依頼も随時受け付けています)

コロナ感染で社員を解雇は可能? 会社の責任を問うことは? 疑問を弁護士が解説はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング