知らぬ間に破滅の道へ?こんな時にお酒を飲んではいけない

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日 0時0分

写真

この季節になると何だか気分が優れないという方は、もしかしたら「季節性うつ」かもしれません。あまり聞き慣れない言葉ですが、普通のうつとは異なる症状も出るそうです。無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』で「季節性うつ」について正しく知っておきましょう。

暮らしと科学:季節性うつ

いよいよ日照時間が短くなってきましたね。日照時間が短くなってくると、季節性うつ(季節性情動障害 SAD)が原因で陰々滅々とした感じになる人が増えてしまいます。

特に普通のうつより不眠より過眠、食欲低下より過食、といった特徴が気力の低下や倦怠感、集中力の低下、喜びの低下といった定型うつ病の症状を伴って現れます。

実際に緯度の高い地域での自殺率の高さなどからも、看過できない大きな季節的な問題なので、少しでも「おかしいな」と思ったら早めに病院に行きましょう。

ちなみに眠れないから、寝付きが悪いから、頭がもやもやするということから逃れるために、アルコールを入眠に使う人も出てきますが、これは最もやってはいけない解決策なのでご注意なのです。

アルコールは脳の認知力を下げる薬ですが、下げて現実逃避したあと、再度問題にぶつかると前回より痛みが増すために、より強い逃避を求めるようになり…あとは破滅への道をたどるのみというわけです。

うつや不眠にはアルコール駄目絶対。

image by: Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング