科学者が伝授、花粉症の薬を耳鼻科へ行かずに処方してもらう方法

まぐまぐニュース! / 2017年3月21日 15時0分

写真

ピークを迎えた花粉症シーズン。いつまで続くのかなどと憂鬱な気分を抱えている方も多いかと思います。ご自身もつらい症状でお悩みの科学者・くられさんが、無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』で、あくまで「個人の感想」としてですが、薬局で買える市販薬について紹介、さらに耳鼻科に行かずに処方薬をもらう方法についても記されています。「自己責任」でお試しくださいね。

暮らしの科学 花粉症の薬

花粉症シーズン。そろそろ杉とヒノキが本気を出してぶるうううううごああああああってなってきましたね。流石に最終ステージでは、ビラノア1錠では戦えないかなと覚悟はしていましたが、意外や意外、大健闘しています。

現在薬局では、アレグラに続いてOTCでクラリチンが降りてきました。とはいえ、クラリチンは結構前から、アレグラより弱いというので個人的にもあんまり、効いた印象がないのですが(笑)。

市販薬最強のアレルギーの薬としてはタリオンが一応認可が通っているのですが、クラリチンと一騎打ちになるのを避けたのかは知りませんが、まだ販売されてない様子。

とはいえ、市販薬にタリオンが出ても、点眼薬や点鼻薬はまだまだ処方薬のほうが優れたものが多く、服用薬も、ビラノアしかり、デザレックスなどの新薬も登場していきているので、やはり病院でササっと診察をうけて処方してもらうのが、金額的にもオススメです。

でもこの時期の耳鼻科は混んで…という人は、別に耳鼻科に行かなければいいのです。近場の内科の個人医院などを空いてる時間帯を狙って、お昼休みにでもササっと行ってくれば即座に終わるものです。

なので、市販薬でだましだまし体を動かすより、新しい良く効く薬で花粉症を乗り切りましょう!

保険料払ってるんだから!!!

image by: Shutterstock.com
 

 

『アリエナイ科学メルマ』

著者/くられ(記事一覧/メルマガ)

シリーズ15万部以上の不謹慎理系書「アリエナイ理科ノ教科書」著者。別名義で「本当にコワい? 食べものの正体」「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 」などを上梓。学術誌から成人誌面という極めて広い媒体で連載多数。

出典元:まぐまぐニュース!

まぐまぐニュース!

トピックスRSS

ランキング