もう「お金のために働く」のはやめよう。武田教授が大胆提言

まぐまぐニュース! / 2017年8月13日 12時15分

写真

あなたは何のために働いていますか? 「お金のために働く」という方は結構多いのではないでしょうか。メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授・武田邦彦先生は「お金のために仕事をする」という考えに真っ向から反対。日本人は古来より「お金のために働くのは汚いこと」と考えていたと主張し、企業が人のためではなく金のために活動する「アメリカ式」を取り入れたことが、日本経済没落の理由であると持論を展開しています。

日本はいつの時代から「お金のために仕事をする」ようになったのか

日本社会というのは、かつて「人を中心とした社会」でした。すでに現在では「なんでもお金の時代」になっているので、なかなか昔の日本を思い出すのは大変ですが、少しずつ振り返ってみて「かつての日本の生活」を描写してみたいと思います。

今から約50年前、南海ホークスの鶴岡監督が選手に「グラウンドにはゼニが転がっている」と言った言葉が伝えられると、「野球が好きだから野球をやっている」と思っていた私などはその意味が理解できませんでした。

まだプロの世界でも「トレード」という行為はもちろん「契約金」を話すことすらはばかられた時代で、「お金のために野球をやるなんて!」と軽蔑されたものです。

どの仕事でも、報酬やお礼(今で言えば契約金)の額を聞いて仕事をするのは汚いことで、仕事をやった後、お布施のように「お礼として包まれたお金を事後にもらうのが普通の時代だったからです。

次は、一気に江戸時代まで遡りますが、江戸の職人は「ガキとカカアのメシを稼げば、後は自分が満足するまで。満足したら遊ぶ」というのがモットーで、朝の9時から働き出すと、おおよそ11時には「ガキとカカアのメシ」、つまり生活費を稼ぐのが終わり、次は自分の職人としてのプライドを満足させる仕事をし、それが終わると大体、午後の2時には遊びに出たと言われています。

また、幕末に多くの外人が日本に来たときに、日本社会がお金ではなく誠意で動いているのを見てびっくりしています。その一つに、日本の渡し船の船頭が渡し賃を誤魔化さないのに驚いている記述があります。

渡し船というのは川を渡すのですから、船に乗る前にお金を払い、渡り終えてウソに引っかかったとわかっても、船はすでに川を反対側に向かっているのでどうにもなりません。

そこで「日本を除く世界各国」では、10銭の渡し代金なら必ずその倍の20銭とウソを言ったとされています。それなのに日本の船頭だけが外人に対しても誤魔化さずに正しい金額を言ったのです。

つまり、日本の船頭は「お金をもらうために人を渡しているのではなく、自分の仕事として渡しその駄賃としてお金をいただく」と他の国とは順序が逆だったからです。

日本が一つの国として長く独立し(約2000年。世界で500年以上国が続いたのは日本だけ)、蒙古の襲来にも耐え、国の体裁をとってきたのは「国民本位、奴隷なし、お金を軽蔑する」という基本的な文化があったからと考えられます。

日本が「従業員のための会社」から「株主のための会社」に変化したワケ

ところが高度成長期の途中で、日本はアメリカの制度を中途半端に学び、プロ野球では契約金やトレード、会社でも労働契約と就業規則などに縛られたお金が先に来る仕事のやり方に変わりました。

さらに最近では「**ホールディング」という聞き慣れない会社が出現し、その下にこれまで良く名前を聞いていた大会社が従うというシステムが横行しています。

この「ホールディングス」というのは「株を保有して会社を支配する」組織という意味で、日本の社会にとっては「従業員のための会社から株主のための会社」に変わっていったのです。それに加えて会社にお金を貸す銀行の資本のかなりの部分が外資ですので、うっかりすると「外国資本のための従業員の努力」になりかねません。

しかし、まだ日本は完全に株主優先まで行っていません。私が関係している会社でも「昔型の日本の会社」で、つねに「従業員のため、従業員の幸福のため、定年後も同じ仲間」という意識で経営されています。それが日本が世界の産業の競争で圧倒的な勝利を収めた原因でもあります。

株主優先の考え方が近代的だとされていて、その流れは変わらないように思われていますが、日本より劣った国のシステムを日本が学ぶ必要は無いので、少しずつ考え直されると思います。

たとえば、一時は今後の流れとして定着しつつあったグローバリゼーションは、トランプ大統領の出現やイギリスのEU離脱などによって半年余りで大きく方向が変わり、最近では「国家主義」の方が近未来の方向だと言われてきています。

人間の社会はそこにいる人間の幸福のために活動をしているのであって、お金はそのための一つの道具に過ぎません。それが逆転して「お金のために人間が奴隷のように働かされる」という制度が正しいはずはないのです。(つづく)

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!

まぐまぐニュース!

トピックスRSS

ランキング