今の副業を本業にしたいサラリーマンが自宅で時間を確保する方法

まぐまぐニュース! / 2017年9月14日 20時30分

写真

いつも読者からの質問に回答してくれる、メルマガ『『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回は、まだ幼い子どもを持つサラリーマンから、「副業を本業にしたいが、子どもが邪魔するので家で仕事ができない。効率よく時間を使うにはどうすれば良いか?」という切実な質問が寄せられました。さっそく永江さんが自営業者の目線で的確なアドバイスをしています。

サラリーマンの時間確保方法が知りたい!

Question

永江様、いつも歯切れのよいメルマガありがとうございます。サラリーマンの時間確保についてご相談させてください。

現在、私はサラリーマンのかたわら、副業という形で仕事をしております。プログラミングしたりWEBサービスを作ったりです。数年後には会社をやめて、この副業を本業にしたいと考えております。

やりたいことや試してみたいことが沢山あるのですが、それを実現する時間が確保できないというのが悩みの種です。家は子供がいて邪魔されたり、家事・育児を手伝わないと嫁がキレるため家ではほぼ仕事は無理です。

なので朝6時出社して会社が始まる前に副業をしていますが、1日2間程度では少しずつしか進みません。ある程度収益化できてから会社をやめたいのですが、ムダに時間がかかってしまい、まとまった収益になるのは何年も先になりそうです。

このような状況では、時間をかけて少しずつ進めていくしか手はないのでしょうか? 永江様がもしサラリーマンで、家では仕事はできない平日はサラリーマンの仕事があるという制約があるとしたら、どのように仕事をすすめていくでしょうか?

永江さんからの回答

結論から言うと、何よりまずやるべきなのは奥さんの説得ですね。パートナーの理解なしに突然退職して起業なんてしたら家庭が崩壊してしまいますよ。

「家事・育児を手伝わないと嫁がキレる」とありますが、夫婦間の話し合いが不足しているのではないでしょうか。例えば「自分は将来起業したいので、そのために今準備する時間が欲しい。心配かけるかもしれないけど、必ず軌道に乗せるから3年間だけ我慢して協力してくれないか」と説明するんです。

それでダメなら諦めてサラリーマンを続けるしかないですね。失礼ながらそういう相手と結婚したのですから仕方ありません。

また「朝6時に出社して会社が始まる前に副業をしている」とありますが、それよりも朝3~4時に起きて自宅で作業をした方が捗ると思いますよ。この時間なら子供も大体寝ているので3時間は集中出来ますし、わたしも毎日4時には起きて読書をしたり仕事したりしてます。自営業者は定時や残業の概念がないので、早起きが苦手で起業なんて成功するわけありません

おそらく今はお子さんが小さくて手がかかるのだと思いますが、幼稚園の年中くらいになれば落ち着いてきますので、きちんと事情を説明した方が良いと思います。「家では仕事はできない」と決めつけず、「お父さんは今こういう仕事をしてるから邪魔しちゃダメだよ」と言えば大人しくしてくれる子も多いのではないでしょうか。

副業の収益化を焦る気持ちも分かりますが、育児の負担が大きいうちはもう少し長い目で見て計画を立て直しても良いと思います。

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!

まぐまぐニュース!

トピックスRSS

ランキング