ネットに負けるハズがない。リアル店舗がまだまだ生き残れる訳

まぐまぐニュース! / 2018年7月12日 1時39分

写真

ネットショップの台頭で、リアル店舗が窮地に立たされていると言われる昨今。もう何も手立てはないのでしょうか? 無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さんは、「ネットショップにできない強みを持てば必ずお客様は戻ってくる」と、リアル店舗の生き残る術を伝授しています。

嬉しいお客様の声

知人から、こんなメールがありました。

この間、うちの娘(中2)が陸上のジョギングシューズを買いに近所のスポーツ店に行きました。お相手をしてくださったのは、以前買ったときにもアドバイスをくれた店員さんでした。娘を見てももちろん思い出せないでしょうが、なんと、古びたクツを出したとたんに、「あ、このクツは、1年前にこのあたりに置いてあったクツで、そのとき買ってくださったんですね」と。

娘ももう、ビックリ。時期から値段から、そのクツをすすめた背景まで覚えているんですね。その方が薦めた次のクツを買ったのは言うまでもありません。A社製のフィット感のいい靴になって喜んでいる、娘の記録が少しでも伸びると嬉しいです。お店のこだわりがスタッフに浸透しているのを感じました。

この「近所のお店」にとって、何とも嬉しい「お客様の声」です。一方、お客様にとっては、「なくてはならないお店」なのだと思います。

あなたのお店にも、きっとこんな声がたくさん届いていることでしょう。そして、この嬉しいメールの中から、いくつかのことが読み取れます。

・このお店は、スタッフの教育に熱心である

お客様のことを覚えるという文化がある

・「記録をのばす」というお客様のニーズを理解している

・スタッフは高い商品知識を持っている

お店が目指すところを、スタッフが分かっている

私は、このようなことを読み取りました。どれも、繁盛店としての必要なことばかりです。きっとこのお店は繁盛しているに違いありません。

リアル店舗の強み

そして、これらは「リアル店舗」の強みでもあります。と同時に、町のスポーツショップの強みと言っても良いでしょう。

これらをもう少し整理してみますと、町のスポーツショップの強みは次のようなことだと言えます。

個々のお客様の情報をしっかりと持っていること

こだわりのある特徴的な商品をそろえていること

スタッフの商品知識と接客力が高いこと

お客様が相談しながら商品選びができること

お客様に商品の正しい使い方を伝えられること

いかがでしょうか。もちろん、町のスポーツショップの「強み」は、まだまだ他にもあげられますが、これだけでも、かなりの強みといえるでしょう。それなのに、ネットショップや大手チェーンにお客様をとられてしまうとびくびくしているお店があるのは、どうしたことでしょう。

良い例が、お客様の「ショールーミング」です。「せっかくお客様に合った商品を選んで丁寧に説明してあげたのに、うちの店で買わずに、その商品をネットで買うお客様には、参ってしまう」。切々とそう訴えられた店主もいます。

私は、そのお店の方には、こう言いました。

「いいではないですか。お客様に商品の説明が出来ただけでも良いことをしました。そのお客様は、いずれまたあなたのお店で買ってくれますよ」

なぜでしょうか。それは、お店で探した商品をネットで買っても、ネットショップはその後のフォローを十分にはしてくれないからです。

ネットショップには出来ないこと

例えば、商品が壊れたり傷んだりしても、ネットショップではうまく修理が出来ません。買った商品のサイズが合わないとき、その返品交換手続きは手間がかかります

また一方、商品の説明を受けた「リアル店舗」でスポーツ教室やイベントが企画されたとしても、その案内は届かないでしょう。ネットショップには、そんな企画やサービスを提供するところはありません。つまり、ネットで買ったお客様は、リアル店舗で購入した時のメリットを手に出来ないのです。

やがて、お客様はそのことに気が付きます。そして、丁寧な説明をしてくれたお店のことを思い出すのです。すると、あなたのお店に戻ってきてくれます。ですから、少しも心配することはありません。

要するに、ネット販売では、お客様とお店が「心」でつながることはないのです。リアル店舗は、まさに人間対人間の世界です。ですから、経営者の人間力が問われます。当然、そこで働くスタッフの人間力にも影響を与えます。優れた経営者の下では、スタッフも優れた人間になっていくことでしょう。それが、組織というものです。これが、お店の「強み」となって現れます。

先に紹介したお店のように。そうしたお店とつながったお客様は幸せです。また、おのずと、そのお店は地域を元気にしたり明るくしたり、社会貢献をしてくれます。スポーツ用品を扱いながら、地域貢献ができるのは嬉しいことではないですか。

これはネットショップにはできないことです。ネットショップばかりでなく、大手スポーツチェーンにもできないことかもしれません。最近の世相に流されないで、リアル店舗としての強みを発揮していきましょう。そして、最初に紹介したような「お客様の声」がたくさん届くよう、お客様との「心」をつないでいきましょう。

■今日のツボ■

・リアル店舗には、多くの強みがある

・そして、リアル店舗は人間対人間の世界である

・ネットショップは、お客様と「心」がつながっていない

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング