酷暑に耐える小学生「学校クーラーが設置されてない」が3割超も

まぐまぐニュース! / 2018年7月18日 18時59分

写真

毎日厳しい暑さが続いていますが、この暑さの中学校に通う子どもたちは元気なのでしょうか。国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、小学生の子どもを持つ全国の保護者97名を対象に、夏休みについてアンケート調査を実施しました。その結果、小学校のクーラーが「設置されていない」というところが3割以上であるという気になる結果が判明しました。

1. 夏休みは何日間がいいのか?保護者と子供で2倍の差が

Q1. 小学生の夏休みは何日程度が妥当だと考えますか

sub1

小学生の子どもをもつ保護者に、小学生の夏休みは何日が妥当かを質問したところ、回答者(保護者)の就業形態にかかわらず、「30日」との回答が一番多くなりました。次に多かった回答は「40日」でした。親から見ると、夏休みの長さはおおむね現在の日数で妥当なようです。

Q2. (子どもに質問)小学生の夏休みは何日程度が妥当だと考えますか

sub2

Q1と同じ質問を小学生の子ども本人に聞いてもらったところ、一番多い回答は「60日」(25%)でした。続いて「40日」(19%)が多くなりました。子どもたちにとっては、夏休みは今の倍は欲しいということのようです。保護者の回答の2倍ですね。親にとっては子どもたちがずっと家にいて大変な期間、子どもたちにとっては最高に楽しい期間なのですね。

夏休みの希望日数と小学生の声

50日 「親と一緒にいたい」(小1)

60日 「勉強は嫌い。ずっと遊んでいたい!!」(小2)

15日 「友達に会えないから!」(小2)

30日 「長く欲しいけど、もっと宿題増えちゃうから」(小3)

40日 「今と同じで良い。あまり長いと学校行きたくなるから」(小3)

3ヶ月 「宿題がおわらないから」(小3)

365日 「ずっと休みがいいから」(小4)

90日 「友達とプールや水遊びにもっと行きたいから」(小5)

30日 「家でいても、ゲームやYouTubeばかりなので、面白くない。友達と遊んでいる方が面白い」(小6)

学校の夏休み短縮について、各地で様々な意見が飛んでいますが、子どもの実際の声としては、「『ずっと休みがいいから』365日夏休み」というクスっと笑いを誘うようなものから「『長く欲しいけど、もっと宿題増えちゃうから』30日」という現実的なものまでありました。

2. 小学校のクーラー事情、「設置されていない」は3割超

Q3. 子どもの通う小学校にクーラーは設置されていますか?

sub3

炎天下で学校に通うのは子ども達にとっても大変なことです。子どもの通う小学校にクーラーが設置されているか質問したところ、「設置されていない」と回答した保護者の割合は34%にも達しました。今年の夏は命に関わる暑さが続いていますから、どうか水分補給したり外出を控えるなどして学校にも入念な対策をして欲しいものです。

Q4. クーラーが設置されていない小学校に通う子どもの保護者に質問

クーラーが設置されていない小学校に通う子どもの保護者に下記の項目について聞いてみました。

1.夏の時期は学校に通わせることが不安

「とてもそう思う」「そう思う」と回答した割合は45%でした。

2.学校にクーラーを設置してほしい

「とてもそう思う」「そう思う」と回答した割合は72%でした。

3.クーラーがないため、夏休みは必要だ

「とてもそう思う」「そう思う」と回答した割合は42%でした。

4.クーラーがないため、夏休みを長くしてほしい

「とてもそう思う」「そう思う」と回答した割合は24%でした。

5.クーラーはないが、夏休みを短くしてほしい

「とてもそう思う」「そう思う」と回答した割合は36%でした。

sub4

今年は厳しい暑さが続いていおり、体調不良になる子どもも続出しています、真夏日が続く各地域でクーラーのない小学校に通う子どもたちの体調を案じてしまいます。

3. 夏休みの過ごし方「家で自由に過ごす」が73%と最多

Q5. 今年の夏休み、子どもはどのように過ごす予定ですか?

sub5

小学生の子どもが、夏休みをどのように過ごすのか聞いたところ、「家で自由に過ごす」が73%と最多でした。続いて、「地域のプールや児童館などに行く」が41%、「習い事に通う」が39%となりました。

すでに夏休みに入っている小学生も、間もなく夏休みに入る小学生も、どうか元気に楽しく夏休みを過ごしてもらいたいものです。

調査データ:子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』調べ

情報:PR Times

 

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング