組織が腐ってる。日本スポーツ組織の頂点に居座る、強権的な上層部

まぐまぐニュース! / 2018年8月8日 5時0分

写真

連日メディアを騒がせている、日本ボクシング連盟の内紛劇。やはり過日大きく報じられた日本レスリング協会のパワハラ騒動等、なぜこのような国内スポーツ運営団体を巡る問題が頻発するのでしょうか。「大事なのは、それぞれのスポーツ組織が現場・現役を中心に据えるという原点に還ること」とするのは、アメリカ在住の作家でスポーツ全般に造詣の深い冷泉彰彦さん。冷泉さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、その原点を忘れたとしか思えない各スポーツ団体の「愚行」を挙げつつ、「運営団体・スタッフは黒子に徹するべき」と提言しています。

スポーツ組織の改革は、現場へのリスペクトから

日本大学アメフト部における「違法タックル強要」などの問題に続いて、今度はアマチュアボクシングにおける連盟ぐるみの疑惑が問題になっています。また、その前には、女子レスリングにおけるパワハラの問題もあり、多くのスポーツ組織で運営スタッフのあり方が問われる事態になっています。

その多くの場合は、典型的なパワハラ体質のストーリーばかりで、イヤな気持ちになるわけです。つまりリーダーにふさわしい人物ではなく、リーダーになって権力を行使したがる人物、もっと言えば「他人に奉仕する強さ」ではなく、「他人に奉仕して欲しい弱さを抱えた人物が上に行ってしまう」仕組みに問題があるわけです。

ただ、そういう言い方をしてしまうと、あくまでリーダーの選考をどうするとか、あるいは組織の監視がどうといった話に流れてしまい、下手をすると対策が組織の肥大化になってしまう危険を感じます。

それよりも大事なのは、それぞれのスポーツ組織が「現場・現役を中心に据えるといういわば原点に還ることです。この点で考えると、現在のそれぞれのスポーツ組織には不自然なことが多いように思います。

ちょうど甲子園では高校野球が行われていますが、今回は100回の記念大会ということで、松井秀喜氏の登場があったりしたようですが、その他にも高野連であるとか、政府関係者、新聞社代表などがスピーチをしたり、その間に「水分補給の時間」を設けて炎天下で行うなど、妙なことになっています。

こうしたセレモニーは、野球とは何の関係もない形式的で形骸化した儀式であり、そこで戦前のように型にはめた「入場行進」をさせたり、とにかく主催者側が偉くて選手や現場は格下」の存在として従順に従うだけというわけです。

開会式の前に、本来であれば甲子園での練習があるのですが、今年は参加校が多いので「見学会」になったそうです。そこで女性の部長先生が率いるチームがグラウンドに入った際に、その部長先生がバッターボックスでスイングをしたところ大会役員から猛烈に怒られたそうです。

理由は「選手中心なのに指導者がバッターボックスに入ったのがダメ」というのですが、これも、野球とは何の関係もない役員が「女性が神聖なバッターボックスに入ったら高齢ファンにからクレームが来る」と恐れたのか、とにかく部長先生と部員たちが甲子園という舞台を和気あいあいと楽しんでいるところへ、無粋な権力を振り回したとしか言いようがありません。

とにかく、各スポーツ団体に、選手が一番格下で大会主催者が偉いというヒエラルキー体質があり、その体質を悪用して、本来は裏方であるべき委員がどういうわけか権力を振りかざすというのは、本当におかしいと思います。

各スポーツを見ていくと、似たような話はたくさんあります。相撲の文化継承というのは、力士経験者が支えていくものなのに、単なるファンの延長である審議会なるものが猛烈な権力を持っていて、ケガしたり、負けたりした力士をコテンパンに批判する、あれも考えてみれば奇妙な話です。

プロ野球の場合、チームの伝統や歴史というのは名選手の伝説によって成り立ち、それが現在のチームやファンの熱狂の背景にあるわけです。ですから、特別な活躍をした選手の番号は「番号の引退」つまり日本風に言うと「永久欠番にするわけですが日本の場合はこれが少なすぎます

特に経営母体が変わった場合に、昔のイメージを消したいために歴史的な名選手の永久欠番を嫌う傾向があるようですし、そうではない阪神などの例でも極めて少ないわけです。サラリーマンであるオーナーなどが「現場へのリスペクト」ではなく「現場に対して自分が権力を行使したい」いう態度で臨んでおり、それが永久欠番制度の軽視につながっているのでは、そんな印象もあります。

この点でかなりうまく行っているのはサッカーだと思います。サッカーの場合は、ファンの目が厳しいこともあり、それ以前に世界レベルでの猛烈に高い水準の競争がされているわけです。ですからA代表が本当に世界と戦っていくためには、連盟や指導者が「いかに現場・現役のために動いているかも逐一バレバレになってしまうわけです。

仮に現場よりも、自分の権力を優先するようなオフィシャルがいたら、すぐに圧倒的な批判を受けてしまうでしょう。今回の西野監督の成功は、協会の技術委員長として徹底して現場重視の仕事をしてきた延長にあるのではないかと思います。

いずれにしても、各スポーツ団体の責任者を含む運営スタッフは、もっともっと黒子に徹して、現場が世界と戦っていく上で、少しでも戦いやすいように支えていく、そのようなカルチャーを作っていかねばなりません。パワハラ体質の指導者という個人の問題に矮小化してはダメだと思います。

image by: Shutterstock.com

 

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング