世界が失笑。桜田「USBって何?」大臣が加速させる日本の衰退

まぐまぐニュース! / 2018年12月19日 4時45分

写真

念願の初入閣を果たしたものの、野党議員から袋叩きといっても過言ではない質問攻めに遭った桜田義孝・片山さつき両大臣。一部議員が主張するように、両氏は大臣としての資質に欠けているのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんはメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で今回、二人の大臣に対するバッシングの「構造的な違い」を解説するとともに、彼らの資質の有無についても記しています。

大臣叩きの何が問題なのか?

桜田義孝・サイバーセキュリティ担当五輪担当相については、国会で「パソコンは使わない」「USBってなんですか?」という衝撃の発言が世界中で話題になっています。

この大臣ですが、野党もマスコミも「この失言大魔王は近いうちに首だろう」と甘く見ているのか、あるいは話題性をもう少し消費したいと思っているのか、追及も甘いしどこかヘラヘラした感じがあります。

その結果として、「決定的な失言」がないまま、ズルズルと在任している感じがします。このままですと、当分は大臣ポストにしがみつくのではないでしょうか?

これは大変な問題です。このような人物が大臣に居座るということは、「キーボードを叩かない高齢男性」が日本では当分の間は権力の座にとどまるだろうし、それが許されるんだということを、国の内外に宣言するようなものだからです。

それが間接的に、この国におけるブラックな組織体質を温存することになれば、日本の生産性改革などはズルズルと先送りされ、衰退に歯止めがかからないばかりか、衰退が加速することにもなりかねません。

対策はただ一つ。とにかく、「サイバーセキュリティ大臣」なのですから、コンピュータを真剣に初歩から学ぶことです。その上で、「スキルのある」若者の指導者に対して、スキルがない自分は徹底的に謙虚に、徹底的に真剣な姿勢で臨むことです。そうして、本当に短期間でスキルを身につけるのです。

そうすれば、日本の高齢男性も変われるんだ、日本は年齢差別を克服できるんだ、日本でも最終的にスキルのある人間がリスペクトされるんだという、希望のメッセージを発信できるのではないでしょうか?

これは今すぐ、実行していただきたいし、できない、あるいはヤル気がないのであれば即時退任していただきたいと思います。

一方で、同じ大臣バッシングでも、片山さつき地方創生相の場合は違います。桜田大臣の場合は、スキルがなさすぎてバッシングされていますが、片山大臣の場合はありすぎるからバッシングされている、そんな構造があるからです。

この方は、本当に頭脳の回転と記憶力が良い人物です。ですが、同じ秀才型女性政治家でも、野党議員とは違って実務が出来てしまうわけです。そうすると、それこそ桜田議員のような「年功で威張っている高齢男性などはカチンと来る、そんなことが想像できます。

また、主計官時代に潜水艦予算に厳しい査定をしたとか、最初は小泉チルドレンとして守旧派に対する刺客で登場したということにより、おかしな偏見を背負わされているということもありそうです。

生活保護ネタなどで都市部のネトウヨ票を掘り起こす姿勢は、全く感心しませんが、それも組織票をあてがわれていないという、党内でのイジメの結果という見方も可能であり、そう考えると「ネトウヨへの煽り」はヒドいにしても、そのまま100%額面通り受け取るわけは行きません

そんなわけで、桜田議員に関しては猛省と奮起が出来なければ辞めていただきたい一方で、片山議員に関しては、どうしても同情的になってしまうのです。

image by: 片山さつき - Home | Facebook

MAG2 NEWS

まぐまぐニュース!

トピックスRSS

ランキング