【書評】反日でなく「無日」にしたい文在寅を神と崇める韓国

まぐまぐニュース! / 2019年2月21日 19時15分

写真

「反日」でありながら日本を利用するという意味の「用日」という言葉も使う韓国。さらに近年では「克日」という概念も広がりつつあり、文在寅大統領は最終的に「無日」にしたいとさえ考えていると言います。そんな国の内情を専門家二人が斬った一冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんがレビューしています。

偏屈BOOK案内:呉善花/加藤達也『韓国・北朝鮮はこうなる!』 

81KKjYeEWhL

『韓国・北朝鮮はこうなる!』

呉善花/加藤達也 著・河出書房新社

かの国では「文在寅は外交の天才だ」と言われているらしい。“天災”じゃないのかね。かの国では大統領になると神様扱いになる。時の権力者を神格化し批判を許さないというのが民族的な特徴である。ところが、その権力者が倒れると、後ろから石を投げ、踏みにじり、評価する人はゼロになる国……。

ムードと情で動いている国民主的な法はあってもなきがごとしの国、それが韓国である。“こうなる!”と感嘆符付きのタイトルだが、この二人にしても断言はできないのだから、安易な表現ではある。しかし、さすがにこの二人、強い説得力があるのでじつに読ませる。朝鮮半島のそばにあるというだけで、日本の蒙る不運、不幸が再確認できる。読めば読むほどほど怖い話だ。

韓国には対日本「ツートラック」という都合のいい言い方がある。民族感情歴史認識問題、これが一つのトラック。もうひとつは、経済協力、あるいは安保協力。これらは別のトラックであり、それぞれ個別に話合わなければならないことでそれが当然だと言う。日本側からすると、そんな虫のいい話はありえない。しかし彼らはそうは思わないし、そのやり方をずっと押し付けてくる。

加藤氏は、はじめは彼らが図々しいからそう言っていると思っていた。二枚舌の一種ではないかと。ところが、韓国人とつきあい始めてから、そうではなく、もともと発想が日本人とは違うと認識した。それと、韓国人には、「反日」でありながら、「日本を利用する」という「用日」という言葉もある。この「反日」&「用日」という発想と、ツートラックという発想は表裏のものなのだ。

彼らには「日本の技術供与を受けた」「お金を貸してもらった」からといっても、「日本に助けてもらった」という発想はまったく出てこない。「私たちは優れた民族で、頭の良い国家だから、日本が提供協力を申し出ざるをえなくなってきた。私たちはうまく日本を使うことができているのだ」という、なんとも図々しい理屈だ。これが「用日論」で、韓国内で広く浸透している。

今度は「克日」といって、「日本は国際社会ではもはやたいした国ではないのだから日本を克服し乗り越えよう」「日本は北東アジアあるいは世界に於いてかつてほどの存在感がないということを自覚すべきだ」となってきた。文政権は「克日」というより「無日」としたいのだ。親日的なるものを清算、排除したいが、経済面で実際に「離日は困難なので、我慢しているのが現状だ。

韓国の若者達は、朝鮮戦争が「北朝鮮から攻められた」ことを教わらず、6割以上が「南が北を攻めた」と思っている。今どきは「日本が仕掛けた」という認識が少しずつ増えている。具体的にどんな関与があったのかは明示されない。なんでも悪いのは日本だとしておけば、国民の支持を受けて、丸く収まるのが韓国なのだ。体をはってまで「真実」を言う人は、もはや韓国には殆どいない。

「北朝鮮はかつての南アフリカを凌ぐ『アパルトヘイト国家』であり、ヒトラーも真っ青になるような『アウシュビッツ国家』であり、スターリンも驚くソルジェニーツインが告発した『収容所国家』なのです。こんな三大巨悪国家をのさばらせてはいけないのです」と呉さん。そんな「南北の融和が日本存亡の危機になるという現実感を、全然認識できていない日本人って……。

編集長 柴田忠男

image by: Truba7113 / Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング