森友事件「佐川氏ら不起訴は不当」検察審査会が議決

まぐまぐニュース! / 2019年3月29日 16時2分

写真

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん等の一連の事件について、大阪第一検察審査会は29日までに、元財務省理財局長の佐川宣寿(のぶひさ)氏について「不起訴不当」と議決した、と時事通信や産経新聞、NHKなど各主要メディアが速報で報じた。

また大阪・豊中市の国有地が8億円余り値引きされて同学園に売却された問題で「背任容疑」で告発され、不起訴になっていた近畿財務局の職員らについても「不起訴不当」と議決したという。



今後、特捜部が再捜査し、佐川氏らの処分を改めて決めるとしている。

森友事件をめぐっては、特捜部が2018年5月31日に佐川氏ら当時の財務省担当職員など38人全員を不起訴処分としたことから、弁護士グループら複数の団体が、背任容疑や学園側との交渉記録を改ざんしたとする文書変造容疑などで特捜部に告発。検察審査会に審査を申し立てていた。(随時更新)

Twitterの反応









※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: 宮本たけし - Home | Facebook

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング