大人も使える。頭文字「す・な・お」の法則で好感度を上げるコツ

まぐまぐニュース! / 2019年4月21日 10時0分

写真

進学や進級で環境が変わったのをいい機会に、周りの人たちと仲良くしたいと思っている子どもは多いはず。そんなとき、親御さんからの的確なアドバイスがあれば、きっと楽しい新生活を送れることでしょう。メルマガ『子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育』の著者、柳川由紀さんが、好感度を上げる会話のコツを3つ伝授。人との会話では避けたほうがいい話題についても教えてくれます。どちらも、子どもだけではなく大人の人付き合いでも使えるテクニックと言えそうです。

こうすれば好感度アップ!

Q. 今月から高校生になりました。全く知り合いのいない学校なので、好感度を良くして、友だちを作りたいと思います。友だち付き合いが苦手なので不安です。(高校1年、女子より)

柳川さんからの回答

進学おめでとうございます。進学して心機一転!と前向きに考えていて素晴らしいと思います。無理に人に合わせず「好感度を上げる」ためのコツをお伝えします。

1.「すなお」の法則で聞き上手に

人は、興味を持ってもらうと嬉しいものです。だからこそ、相手の話を良く聴いてあげましょう。「どんな話を聞けるかな?」と相手に興味を持って聴くことです。明るくワクワクしながら聴く態度が相手に好印象を与えます。

そのとき「す・な・お(頭文字)」な相槌を打つと効果的です。つまり、「すごいね!」「なるほどー!」「おもしろい!」と言いながら話を聴くことです。こうした相槌は相手が話しやすくなり、聴いてくれているんだ、と好印象を持たれます。

2.終わりよければ全て良し

会話の終わりをネガティブで終わらせないことです。つまり「最後に前向きなことを言う」のです。

悪い例1:「ここのお好み焼き、美味しいけど小さいよね」

良い例1:「ここのお好み焼き、小さいけど美味しいよね」

悪い例2:「部長は先生との交渉は良くやってくれるけど、何でも自分の手柄にしちゃうよね

良い例2:「部長は何でも自分の手柄にしちゃうけど、先生との交渉は良くやってくれるよね」

不満や愚痴などネガティブな話をすると、あっという間に好感度は下がります。例え誰かの悪口だとしても、最後に前向きな言葉で締めると、悪いイメージは残りません。会話は、なるべく前向きな言葉を使いましょう。

3.名前を呼ぶ

簡単に親近感が増す心理テクニック「名前を呼ぶこと」です。会話の中に「相手の名前」を挟みましょう。

「柳川、おはよう!」

「知ってた?柳川さん。あそこのスイーツ…」

「ゆき先輩、今日の部活だけど…」

人は、自分の名前を呼んでくれる回数が多い相手に親近感を覚えます。この心理をついたテクニックが、「名前を呼ぶ」です。日本人は、名前を知っていても「すみません…」「あの…」という呼びかけをしがちです。苗字、下の名前、呼び捨てでも是非、相手の名前を呼んで、好感度を上げましょう

家庭教育アドバイス…「人を惹きつける話し方」

音の専門家ジュリアン・トレジャーは、「TED」で、人を惹きつけるための会話は、次の7つの話題は避けましょうと言っています。

  1. うわさ話
  2. 批判、批評
  3. マイナス思考
  4. 愚痴
  5. 言い訳、責任転嫁
  6. 誇張
  7. 独壇

是非、心に留めて普段の会話で好感度アップを狙いましょう!

image by: imtmphoto, shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング