1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. ゲーム

平成初期生まれは歓喜? 今も「Switch」で遊べるスーパーファミコンのゲーム

マグミクス / 2024年2月7日 18時10分

写真

■ハイクオリティなグラフィックと個性豊かな敵キャラ

 平成初期生まれの筆者のような方々は、少年時代を振り返って身近にあったゲーム機といえば、真っ先に任天堂の「スーパーファミコン(以下、SFC)」を思い出すかもしれません。学校が終わって家にいる間はさまざまなソフトに没頭し、お世話になったゲーム機のひとつです。

 今となれば懐かしいシリーズが揃っていたSFCのソフトですが、近年はNintendo Switchの有料サービス「Nintendo Switch Online」に加入することで過去の名作を手軽にプレイできます。今回は、世代なら懐かしさがこみ上げる、「Switch」でプレイ可能なタイトル3つを振り返りましょう。

●『スーパードンキーコング』シリーズ(1、2、3)

 SFCのソフトのなかで、アクションゲームの代表作といって過言ではない『スーパードンキーコング』シリーズは1から3まで登場しており、Nintendo Switch Onlineには全作がそろっています。

 シリーズ1作目『スーパードンキーコング』のソフトは、1994年に発売されました。力自慢の「ドンキー」とすばしっこい「ディディー」の2タイプのキャラを操作して、各ステージの敵キャラや仕掛け、さらにボスステージを乗り越えながら最終ボスの「キングクルール」を目指します。ちなみに、ドンキーとディディーの目的は、「キングクルールに盗まれたバナナを取り返す」ことです。

 筆者の初プレイの印象として、まず驚いたのは映像が予想以上にきれいだったことです。立体感と躍動感がある、今までに感じたことのないグラフィックに引き込まれました。

 また味方はゴリラのドンキーやディディーなのに対し、敵キャラはワニやビーバー、ハチ、ヘビなど多様な生物で構成されています。マッチョなワニ、ヘルメットを被ったワニなど、個性豊かな敵キャラも引き込まれるポイントのひとつでした。さらにステージのどこかに隠しステージも用意されているため、やり込める要素も十分にあったのです。

 そして続編の『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』(1995年)ではドンキーコングがキャプテンクルールにさらわれ、それを助けるために前作のディディー、新キャラのディクシーを操作してクリアを目指します。

『ドンキー2』でよく覚えているのは、いわゆる裏面といわれる「ロストワールド」の5ステージで、すべてクリアしないとラスボス戦にたどり着けません。真のラスボス戦である「ふたたび!キャプテンクルール」は楽にクリアできましたが、思い返してみると、ロストワールドの各ステージをクリアするのが手こずったような気がします。

 そして3作目『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』(1996年)ではドンキーとディディーを探すため、『ドンキー2』のディクシーと赤ちゃんコングのディンキーのコンビで冒険に繰り出します。『ドンキー2』と同様に『ドンキー3』も裏面に通ずる隠しステージを出すまでに苦労した方も多いのではないでしょうか。ある箇所を何周か回ると、突如として現れるのですが、そこに行きつくまでかなりの時間を要しました。

 この機会に『スーパードンキーコング』シリーズの雰囲気を思い出したい人は、1度プレイしてみてはいかがでしょうか。

■友達と真剣勝負、トラウマになったラスボス

●『星のカービィ スーパーデラックス』

スーファミ用ソフト『星のカービィ スーパーデラックス』(任天堂)パッケージ画像 (C)1995 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo.

『スーパードンキーコング』シリーズのほかに、やり込んだアクションゲームといえば『星のカービィ スーパーデラックス』(1996年)です。6つに構成されたゲームモードのクリアを目指す同作の醍醐味といえば、「カービィのコピー能力」ではないでしょうか。

 たとえば石化して相手を潰してしまう「ストーン」や、エナジーを放出する「プラズマ」などさまざまな能力が揃っていました。好みの能力を探した人も、きっと多いはずです。個人的には、爽快な爆弾攻撃がクセになる「ボム」が好きでした。

 またアクションゲームとして遊べるほかに、タイミングを見計らうゲーム「かちわりメガトンパンチ」「刹那の見斬り」の2種類も用意されていて、これは友達と一緒によくプレイした思い出があります。刹那の見斬りは合図が出たら、いち早くボタンを押した方が勝ちになるというシンプルなゲーム性なのですが、それでも白熱するほど没頭していました。

 刹那の見斬りに思い入れがある人は多いようで、ネット上には「最高難易度でメタナイトに勝ったときは絶叫して喜んだ」「友達と日が暮れるまで勝負した」といった声もあがっていました。

●『MOTHER2 ギーグの逆襲』

 RPGといえばファンタジーな世界観が主流のなか、それらと一線を画したことで注目を集めた『MOTHER』シリーズの2作目『MOTHER2 ギーグの逆襲』(1994年)は、SFCの名作としてたびたび名が上がります。コピーライターの糸井重里さんがプロデュースしたことでも有名な1作です。

 主人公は『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズでもお馴染みのキャラである「ネス」で、舞台は199X年の地球でした。ネスの家の近くにある裏山に巨大な隕石が落下し、その落下現場を見に行くところから物語が始まります。

 プレイ方法は一般的なRPGと一緒で、レベルを上げながら超能力「PSI」を覚えてモンスターやボスを倒しつつ話を進めていきます。また、現実社会と近い世界観なので、お金をATMから下ろしたり、ネスのパパに電話をかけることでセーブできたりする点も、同作のユニークなポイントです。

 ラスボスの話ばかりになってしまいますが、鮮明に覚えているのはラストステージで戦った「ギーク」戦です。映像とBGMで恐怖心を煽るような演出で、恐ろしい思いをしたプレイヤーも多いでしょう。これからプレイする人のために具体的な方法は伏せておきますが、倒し方も特殊すぎて苦労した記憶もあります。

 ちなみに、前作のファミコンソフトである『MOTHER』(1989年)もNintendo Switch Onlineでプレイ可能なため、未プレイの人は順に遊んでみてはいかがでしょうか。

(LUIS FIELD)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください