1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 面白ネタ

「よもやよもや」←いつ使う? 汎用性抜群なマンガキャラの名セリフ4選

マグミクス / 2024年2月26日 18時25分

写真

■シンプルなのに深い意味があることもポイント?

 数あるマンガの名セリフのなかには、インパクトの大きさや独特な言い回しで、作品自体を知らない人でもなじみがあるものがあります。今回は、日常生活でも思わず使いたくなる汎用性の高いマンガキャラのセリフを見てみましょう。

●「よもやよもやだ」

 まずは、2016 年より「週刊少年ジャンプ」で連載され、コミックの累計発行部数1億5000万部を突破した大ヒットマンガ『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)第7巻の60話に登場した、炎柱である煉獄杏寿郎のセリフです。

 無限列車の出発後に下弦の壱・魘夢(えんむ)の血気術で眠らされ、起きて状況を察したときでした。寝てる間に乗客への被害が広がっており、「よもやよもやだ 柱として不甲斐なし!!穴があったら入りたい!!」と、鬼殺隊の柱でありながら出遅れた自分を叱咤します。

 やや古めかしい印象の表現で、現代では「まさかこんなことになるとは」という、予想外の結果を嘆くようなニュアンスになります。

 シンプルかつ古語ならではのユニークな響きが印象的で『鬼滅の刃 無限列車編』の放映後は、「提出期限が今日ということを忘れていた!よもやよもやだ」など、普段うっかりミスした自分をなぐさめるときなどに使われているようです。

※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記

●「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」

 2001年から2010年まで「月刊少年ガンガン」にて連載された、ダークファンタジーの金字塔『鋼の錬金術師』(作:荒川弘)の2巻に登場する、国家錬金術師ショウ・タッカーのセリフです。ある日、タッカーは「人語を話す合成獣(キメラ)」として作品をエドワードに紹介しますが、エドワードはそれがタッカーの娘ニーナと愛犬アレキサンダーのキメラであることに気付きます。

 そのときエドワードがタッカーに、ニーナとアレキサンダーの居場所を聞いたことに対し、「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」と返答したことで、残酷な事実が明らかになりました。

 無邪気な少女が父親の手にかかり異形の姿になってしまう展開は、作中屈指のトラウマエピソードです。読者にとってショックが大きいぶん、そのセリフにも注目されたのでしょう。

 世間では、合成獣の真実ほど重くはないものの、不都合な事実を見抜かれたときの切り返しや、相手の洞察力に皮肉を込めてほめる場合にも使われることが多いようです。

■自分に置き換えるとショックな出来事もユニークに?

マイキーやパーちんが描かれた TVアニメ『東京リベンジャーズ』キャラクターソングEP01(ポニーキャニオン) (C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

●「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!」

 1987年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、2006年の「日本のメディア芸術100選」ではマンガ部門で2位を獲得した作品『ジョジョの奇妙な冒険』(作:荒木飛呂彦)の第27巻に登場した、ポルナレフのセリフです。

 敵であるDIOの、それまで謎に包まれていたスタンド能力「ザ・ワールド」を味わったポルナレフが、頭が混乱しながらも、その恐ろしさを仲間に伝えようとしたときに出てきた言葉でした。場面はシリアスなのに絶妙にコミカルな言い回しが読者の心をつかみます。

 X(旧:Twitter)などのSNSでは「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!」からはじまり、身の回りで驚きの出来事や理解不能な現象が起こった際に発信する構文が流行りました。ショックな出来事でも、どこかユニークな表現に仕上げてくれるパワーを持ったセリフです。

●「日和(ひよ)ってる奴いる?」

 2017年より「週刊少年マガジン」で連載開始し、第44回「講談社漫画賞」で少年部門受賞たマンガ『東京卍リベンジャーズ』(作:和久井健)の原作2巻で東京卍會のトップである佐野万次郎(マイキー)が、彼らの集会にて隊員を奮い立たせたセリフです。

 その場面は隊員のひとりである林田春樹(パーちん)の親友が、新宿を仕切る暴走族「愛美愛主(メビウス)」の隊員に襲われたことがきっかけでした。マイキーは、「パーの親友やられてんのに愛美愛主に日和ってる奴いる?」「いねえよなぁ!!?」という煽りで、隊員たちの闘志を燃やして大きな抗争へと挑みます。

 勢いのあるマイキーのセリフは、圧倒的な威厳やカリスマ性が見せつけられた瞬間でもあり、読者の印象にも深く刻まれました。ネット上では「告白するの日和ってるやついる!?」「こんな夜中にお菓子食べるけど、日和ってるやついる!?」など、勇気が必要な場面で背中を一押ししてほしいときに使われています。

 キャラのカリスマ性やインパクトのある展開、ユニークな言い回しなど、さまざまな要素から名セリフが生まれます。汎用性が高く、日常生活に遊び心を取り入れるのにも効果的です。

(LUIS FIELD)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください