【漫画】大好きだったセーラームーン 否定した娘に母の反応は? 今なら分かる親心

マグミクス / 2020年5月28日 11時10分

写真

■周囲の変化に「私も変わらなくちゃ」

 子供の頃、セーラームーンの絵を描くことが大好きだったというさざなみさん(@3MshXcteuuT241U)。何年もお絵描きを続けるなか、母は何も言わず見守り、時にはアドバイスをくれることもあったそうです。

 しかし小学5年生になった頃、周囲の変化に合わせるように「もうセーラームーンやめる」と母に宣言し、セーラームーンを否定する言葉を連発してしまいます。その時母は……。

 さざなみさんが子供の頃の思い出を描いたマンガ『母とセーラームーンと私』がTwitterで公開され、読者から「涙が出た」「素敵なお母さん」など、大きな反響がありました。

 作者のさざなみさんに、お話を聞きました。

ーー『母とセーラームーンと私』のエピソードをマンガで公開しようと思ったきっかけはありましたか?

 4歳の長女がアニメを好きになり、絵をまねして描き始めたことがきっかけです。うまく似せられなくても、自分なりに絵を完成させることに満足を感じ、時間を忘れて夢中で色を塗っている姿を見て、私自身の子供の頃の思い出が鮮やかによみがえりました。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

 私と同世代(30代のセーラームーン世代)の方から、「親と子供どちらの気持ちも共感できる」と言ってもらえたことです。また、「好きなものはずっと好きでいていい」と誰かが書き込んでくださったリプライにたくさんのいいね! がついている光景に気持ちを明るくしてもらいました。

ーーマンガを通して、さざなみさんのお母様は、子供の興味を大事にする素敵なお母様だなと感じます。さざなみさんはお母様のことをどのように思っていらっしゃいますか? また、さざなみさんが現在子育てをするなかで、お母様の影響を受けていると思う部分はありますか?

 マンガのなかで描いたように、母の興味は歴史や昆虫、世界の謎など自然科学方面です。アニメやイラストにはまったく興味はありません。ですが、私が没頭する対象について、ばかにしたり、やめなさいと言うこともありませんでした。自分が親になると、そのありがたさが本当に貴重なものだったと分かります。感謝していると同時に、私も同じように子供を尊重する子育てをしたいと考えています。

長女の幼稚園でお誕生日会を参観したときのエピソード(さざなみさん提供)

ーーTwitterでは、日常生活や子育てで感じたことなどをイラストやマンガで多く投稿なさっていますが、これまでに投稿されたイラストやマンガで、反響が大きかったもの、ご自身が気に入っているものなどがあれば教えて下さい。

 長女の幼稚園でお誕生日参観をしたときのエピソードについて描いたマンガが気に入っております。

ーーTwitterで精力的にイラストやマンガを公開なさっています。創作するうえでの原動力になるものはありますか?

 子育てをしていると、どうしても社会との交流が希薄になっていきます。面白かった出来事やちょっとした悩みをイラストやマンガに描くことで誰かに見てもらえるSNS。特に、Twitterでは投稿する内容の傾向ごとに閲覧する層が変わることが魅力です。自分と同じように育児に関わる大人に投稿を見てもらうことで、家族以外の大人と会話したり交流したい、という欲求が昇華されるのです。ずっと続けていきたいと思っています。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング