30年早く来て…!『スターフォース』で思い出す、eスポーツの先駆け「キャラバン」

マグミクス / 2020年6月20日 17時10分

写真

■『スターフォース』の忘れられない記憶

 1985年6月20日、ハドソンからファミコン版『スターフォース』が発売されました。「コロコロコミック」での特集や高橋名人の登場、夏に開催された全国キャラバンなど、家庭用ゲーム黎明期に圧倒的な熱でさまざまな取り組みが行われ、当時を知る人間にとっては忘れられない思い出のタイトルとなっています。幼い頃『スターフォース』を買ってもらえずキャラバンには参加できなかった記憶を持つライターの早川清一朗さんが、思い出を語ります。

* * *

『スターフォース』・高橋名人・キャラバン。

この3つの単語のどれかを聞くと、さまざまな記憶が連鎖的によみがえります。高橋名人に憧れた記憶。16連射に挑戦して叶わなかった記憶。『スターフォース』を買ってもらえなかった記憶。キャラバンの光景をTVで見ていた記憶。友達の家で初めて『スターフォース』を遊んだ時の記憶。 そして何年も経ってから『スターフォース』をついに手に入れたときの記憶。

 つい先日も新型コロナウイルス感染症の影響でずっと閉店していたゲームセンターが再開したときに、アーケード版があるのを見つけてプレイしてしまうほど、心のなかの大事な部分に『スターフォース』というタイトルは鎮座しています。きっと、ずっと忘れることはないのでしょう。

 最初に筆者が『スターフォース』の存在を知ったのは、小学生の頃でした。当時愛読していた「コロコロコミック」ではしばしばファミコンソフトの特集が行われていたのですが、ある号で、大々的に特集されたのです。最初、特集に登場していたゲームのうまい高橋さんは、いつからか秒間16連射を引っさげて「高橋名人」となり、たちまち筆者をはじめとする子供たちのヒーローになりました。

 あさいもとゆき先生のマンガ『ファミコンロッキー』にも『スターフォース』は登場し、謎の999万点ボーナスが話題となりましたが、これは後に架空の裏技だったことが語られています。しかし当時の子供たちにとって、「コロコロコミック」や『ファミコンロッキー』は貴重な情報源でもあったため、後々まで999万点ボーナスの存在を信じていた人も多かったようです。

『スパルタンX』の「シルビアがラスボス説」に実際に挑戦したことがある筆者にとっては、信じていた子供たちのことをとても笑う気にはなりません。ネットがない時代は、本当に情報を入手するのが大変だったのです。

■憧れたキャラバン

「ウソ技」を信じた子供も!あさいもとゆき先生『ファミコンロッキー』 現在は「マンガ図書館Z」で読める

 そして『スターフォース』と言えば夏のキャラバンを外すわけにはいきません。とはいえ筆者は『スターフォース』を買ってもらえなかったため当然練習することも、出場することもかないませんでした。

 近所の幼なじみが買ってもらったというので大喜びで遊びに行ったところ、セガの「SG-1000」版で、盛大にずっこけたという記憶もあります。あれはあれで大分楽しませてもらいましたがファミコン版とはだいぶ感覚が違うものでした。

 キャラバンの光景は今でも動画で見ることが可能ですが、そこには当時の筆者と同じくらいか少し年上の男の子たちが真剣な表情で画面と向かい合っています。あの光景のなかに自分がいない悔しさは、忘れようがありません。

 ラリオスのコアに一秒間で8発撃ち込んで50000点のボーナス、ジムダ・ステギを15個連続で破壊した際の80000点ボーナス、「B」「b」のボーナスパネルを残らず破壊するともらえるボーナスなど、各種存在するボーナス点を、画面のなかのプレイヤーたち、そしてデモンストレーションを行っていた高橋名人は軽々と取っているように見えました。

 筆者も数年後に挑戦してみましたが、これがけっこう難しく、キャラバン参加者たちがどれだけの熱意を持って練習を積み重ねていたのか、おぼろげながら理解できたのです。

 現在ではeスポーツとして多くのタイトルで大会が行われていますが、キャラバンはその走りと言えるものでしょう。才能あるプレイヤーが熱意を持って取り組めば、ゲームでご飯を食べられるような時代がやってきたことをうれしく思いますが、どうしてあと30年早く来てくれなかったのかなという想いはどうしても心のなかでくすぶり続けています。

※記事内容の一部を修正いたしました。

(ライター 早川清一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング