玉木宏版・龍に期待! マンガ『極主夫道』が日曜夜のお茶の間にカチコミ

マグミクス / 2020年7月8日 14時10分

写真

■人気マンガ『極主夫道』がTVドラマ化!

「不死身の龍(たつ)」と呼ばれた伝説のヤクザが足を洗い、今は専業主夫に……!

 圧倒的な「主夫力」で近所の奥様たちにも大人気。しかし外見はキュートなエプロンが似合わない、触れたら切れてしまいそうな眼力を持つ「どう見てもヤクザ」な龍が主人公のマンガ『極主夫道』(著:おおのこうすけ/新潮社)が実写ドラマ化されることになりました。

 龍を演じるのは、俳優の玉木宏さん。甘いマスクの玉木宏さんが、どのようにコワモテの龍を演じるのか期待が高まります。

俳優・玉木宏さん (C)YUSUKE OKA

 2020年10月放送開始予定で、放送時間は日曜の夜。龍が平和なお茶の間に「カチコミ」してきます!

 他のキャストについてはまだ明らかにされていませんが、原作者のおおのこうすけさんは「主演の玉木さんをはじめ出演される方々の豪華さに驚いてます。作中にはクセのあるキャラクターが多いので、どういう風に演じられるのか、一視聴者として楽しみです!」とコメント。玉木宏さん以外のキャストも発表を楽しみにしたいですね。

 以前、コミックスのPVで龍役を担当している声優の津田健次郎さんが、実写版の龍を演じ大きな話題になりました。ファンの間では「龍=津田健次郎」とイメージが付いてしまっている面も大きく、「玉木宏版」の龍がどんな仕上がりになるのかも見どころのひとつになりそうです。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング