声優・辻谷耕史氏の命日 『Fate』キャラの声を選んだ音響監督としても活躍

マグミクス / 2020年10月17日 8時10分

写真

■辻谷耕史氏が声をあてたキャラクターたち

 10月17日は、2017年に脳梗塞で亡くなられた辻谷耕史(つじたに・こうじ)氏の命日です。享年56歳。声優としては『無責任艦長タイラー』のジャスティ・ウエキ・タイラー少佐、『機動戦士ガンダムF91』のシーブック・アノー、『犬夜叉』の弥勒など、主役級のキャラクターを数多く演じました。音響監督としてもTVアニメ『Fate/stay Night』(第一作)のキャスティングを手掛けており、その時の配役は辻谷氏自身が演じた遠坂時臣を除き、2020年の今もなお健在です。ライターの早川清一朗さんが、辻谷氏の活躍を振り返ります。

* * *

 筆者が最後に辻谷氏関連のインタビュー記事を読んだのは、音響監督を務められたTVアニメ『昭和元禄落語心中』での林原めぐみ氏との対談でした。辻谷氏と林原氏と言えば、OVA『機動戦士ガンダム0080』のバーナード・ワイズマン(バーニィ)とクリスチーナ・マッケンジー、OVA『3×3 EYES』の藤井八雲とパイでコンビを組んでおり、かつて声優として共演していたふたりが立場を変えて共に作品作りを行っていることに、筆者は感慨を覚えました。そのインタビューでは、辻谷氏が声優のキャスティングに大きな影響を与える音響監督になったと知った林原氏が「辻谷さんから仕事をもらえるかもしれない」と思っていたところ全然そんなことはなく、『昭和元禄落語心中』が声優と音響監督としての初仕事になったとぼやいていたのを覚えています。

 2016年に開催されたトークイベントで辻谷氏自身が語ったところによると、この作品のオーディションは参加者自身が3分間にまとめた落語をテープにして送るという独特な形式で行われたそうです。実力派声優として知られる山寺宏一氏や石田彰氏が必死になって役を取りに行き、小林ゆう氏に至ってはオーディションに合格して泣き出したと後に告白しています。また落語を知らない人のために、BGMにジャズを用いて盛り上げるなど、辻谷氏の音響監督としての力がいかんなく発揮された作品でした。

■辻谷耕史氏が「Fate」シリーズの声を決めた

 2006年に放送されたTVアニメ『Fate/stay night』(第一作)では、キャスティングを担当しており、そのとき決まった声優陣が、2020年の今なおキャラクターに命を吹き込み続けています。間桐慎二役を演じている神谷浩史氏は辻谷氏に「(慎二より)士郎の方がおかしいからね」と言われたことが演技の芯として残っており、辻谷氏に「辻さんが決めた役を、10年経ってもやっているよ」と伝えたかったとインタビューで語っています。

 またキャスター(メディア)役の田中敦子氏も初めて『Fate/stay night』の台本を手にした時の印象を聞かれた際に「音響監督・辻谷耕史さんの優しい笑顔が印象的でした」と答えています。辻谷氏が「Fate」シリーズに残した足跡は非常に大きなものがあるのです。

 そして声優としての辻谷氏も、多くの実績を残しています。『犬夜叉』の弥勒、『無責任艦長タイラー』のタイラーなどさまざまな役を演じておられますが、筆者にとって特に印象深いのが劇場版『機動戦士ガンダムF91』のシーブック・アノーのエピソードです。シーブックは続編となるマンガ『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(原作:富野由悠季、マンガ:長谷川裕一)でキンケドゥ・ナウと名前を変えて登場しているのですが、ゲーム『SDガンダム GGENERATION-F』でキンケドゥの声をあてることになった辻谷氏は現場でこのことを知り、「知っていれば、もっと違う読み込み方ができたんじゃないかと思う」と詫びたそうです。時間と資料さえあれば、かつて自身が演じたキャラクターの10年後を想定した演技ができるという、プロの矜持が言わせた言葉であるように思えます。もし『クロスボーン・ガンダム』がアニメ化されても、そこに辻谷氏がいないのは、ただ、残念としか言いようがありません。

 亡くなる3日前には声優の立木文彦氏と「立木文彦とBLUSEED」という名のバンドを組み、ライブにも参加していた辻谷氏。若手の育成にも熱心で、声優ワークショップを開催して直接指導も行っていました。さまざまな才能を発揮していた辻谷氏を失ったことが、今さらながらに悔やまれてなりません。ここに改めてご冥福をお祈り申し上げます。

(ライター 早川清一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング