紅白出場決定、アニソン歌姫・LiSAの過去曲3選 『紅蓮華』『炎』好きな方必聴!

マグミクス / 2020年11月17日 17時10分

写真

■LiSA、名曲アニソンの数々 アニメと自身の思いを歌詞に

 もはや主題歌を聴かない日はないほど人気のアニメ『鬼滅の刃』。主題歌の『紅蓮華』はオリコンの各種ランキングでたびたび1位を獲得し、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』主題歌の『炎』は音楽チャート・Billboard JAPANで総合ソングチャート「Japan HOT 100」1位にランクインしており、『紅蓮華』や『炎』から歌手・LiSAさんのファンになった方もいるのではないでしょうか。しかし、LiSAさんはこれまでにも魅力たっぷりの楽曲を多数リリースしています。SNSでも「聴くとテンションが上がる」「初めて聴いた時は鳥肌が立った」と評判の、「強すぎる曲」3曲をご紹介します。

●『Rising Hope』(2014年5月7日発売)『魔法科高校の劣等生』オープニングテーマ

LiSA『Rising Hope』(アニプレックス)

『Rising Hope』はLiSAさん5作目のシングル楽曲で、「さすおに」の愛称で知られるアニメ『魔法科高校の劣等生』のオープニングテーマとなっています。オリコンランキングでは週間ランキング4位・デイリーランキング2位を獲得し、Billboard JAPANの「Hot Animation」では1位を獲得しました。

 この曲では、アニメとのタイアップ曲としては初めて作詞にLiSAさんが参加しました。「キミが信じてる僕を裏切るわけにいかない」「この願い 例え魔法がなくたって叶えなきゃ 誓った」と強い意志や関係性を示す歌詞は、主人公・司波達也(CV:中村悠一)とその妹・司波深雪(CV:早見沙織)との強い絆を感じさせます。アップテンポでスピード感ある本曲は、達也たちの強さ・かっこよさを前面に出したオープニングアニメーションにもよくマッチしており、作品本編への期待をより高めてくれます。

 現在ではライブの定番曲となっている『Rising Hope』。この曲の作詞の際、LiSAさんは原作を読んだうえで「(原作と共通する)自分が届けられるメッセージは何か」を考えたそうです。その結果、初の日本武道館ライブでのトラブルを振り返り「ここまで支えてきてくれたみんなのために強くなりたい」というメッセージを込めたLiSAさん。こうした背景を踏まえて聴くと、またひと味違った楽しみ方ができる曲といえるでしょう。

●『Catch the Moment』(2017年02月15日発売)『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』主題歌

LiSA『Catch the Moment』(アニプレックス)

『Catch the Moment』はLiSAさん11枚目のシングル楽曲で、アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌となっています。オリコンランキングでは週間ランキング4位・デイリーランキング1位を獲得し、Billboard JAPANの「Hot Animation」では週間3位を獲得しました。

 軽快なロックサウンドに前向きな歌詞が印象的なこの曲は、LiSAさんが作詞を、ロックバンド「UNISON SQUARE GARDEN」の田淵智也氏が作曲を担当。「ソードアート・オンライン」シリーズとのタイアップは『crossing field』『No More Time Machine』と続いており、もはや定番と言われるほど。LiSAさんは映画のシナリオを読んだうえで「今をもっともっと楽しんでほしいし、その瞬間がずっと続けばいい」「その気持ちは私がファンの子たちに抱いている気持ちと同じ」と感じ、監督からの「一緒に映画を観た人がいたら、その人に『ありがとう』って言いたくなるような曲にしてください」という言葉を胸に素直な気持ちを歌詞にしたそうです。

「集めた1秒を 永遠にして行けるかな」「叶えても叶えても 終わらない願い」といった前向きな歌詞はLiSAさんらしく、「もう一度やりなおしたら キミに出会えないかも」といった「ソードアート・オンライン」シリーズの世界観を反映した歌詞とも、しっかり共存しています。デビューからの5年間で「想像すらできなかった」という横浜アリーナでのワンマンライブを実現させたLiSAさん。その「(想像すらできなかった)横浜アリーナへの希望を持たせてくれたファンたち」が書かせてくれたというこの曲は、横浜アリーナでのライブ『LiVE is Smile Always ?NEVER ENDiNG GLORY?「the Sun」』で初めて発表され、今ではLiSAさんのライブ定番曲となっています。

●『oath sign』(2011年11月23日発売)『Fate/Zero』オープニングテーマ

LiSA『oath sign』(アニプレックス)

『oath sign』はLiSAさんの1枚目のシングル楽曲で、アニメ『Fate/Zero』のオープニングテーマとなっています。オリコンランキングでは週間ランキング5位を獲得し、Billboard JAPANの「Hot Animation」では1位を獲得しました。曲名の「oath」は「宣言」を、「sigh」は「印」を意味しており、LiSAさんは「『Fate/Zero』で巻き起こる聖杯戦争を表している部分もある」と語っています。

『Fate/Zero』のために書き下ろされたこの曲は、疾走感がありつつもどこか荘厳さや悲壮さを感じさせます。そんな『oath sign』を作詞・作曲したのは、『魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマ『コネクト』の作詞・作曲を手掛けた渡辺翔氏です。とある登場人物の心情を見事に表現した『コネクト』同様、『oath sign』にも聖杯戦争への思いや葛藤が込められています。なお、「繰り返す世界 何度手を伸ばしたら」で始まる1番は、『Fate/Zero』の主人公・衛宮切嗣(えみや・きりつぐ/CV:小山力也)への想いが、「創られた想い 触れればなによりも」で始まる2番は、切嗣の妻であるアイリスフィール・フォン・アインツベルン(CV:大原さやか)への想いが込められています。ぜひその想いを感じながら聴いていただきたい楽曲です。

 ロックな楽曲を歌うことが多いLiSAさんですが、それまでの楽曲よりテンポが速く、悲しげでアニメの世界観を強く体現している『oath sign』を歌うのは当時「新たな挑戦」だったそうです。原作小説を読み、「聴いた人が『今』を信じていけるような曲に」との想いを持って臨んだレコーディングは、普段の倍は時間がかかったのだとか。2017年には、13枚目のシングル曲『ASH』が同じく「Fate」シリーズのアニメ『Fate/Apocrypha』のオープニングテーマに決定。LiSAさんいわく「『ASH』と一緒にもう一度『oath sign』を聴いてほしい」とのことで、『ASH』と聴き比べてみるのも楽しいかもしれません。

* * *

 2020年11月16日(月)には、2年連続で紅白歌合戦への出場も決定したLiSAさん。これらの過去曲はYouTubeの公式チャンネル「LiSA Official YouTube」で配信されているので、気になる方はぜひ聴いてみてください。

(新美友那)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング