【漫画】出産から半年後、涙もろくなった… 理由に共感の声「自分の子と重ねた」

マグミクス / 2020年11月21日 19時10分

写真

■“母”としての感情は子供が生まれた瞬間から…?

 しおこさん(@shiokmbbb)は、2020年5月に女の子を出産。妊婦生活と子育てのなかで起きた出来事や感じたことを、マンガとして発表し続けています。Twitterで公開された『最近涙もろくなった』は、出産から半年ほどが過ぎ、あらためて“母親”としてのご自身の気持ちを描いた作品です。

 出産直後や、そこから始まる忙しい子育ての日々とはまた少し異なる感情に気付き、「いつの間にかお母さんになっていた」ということを再確認。読者からは「めっちゃ共感しました」「自分の娘と重ねてしまい涙腺崩壊しました」といった声が多く、そのほかには「表現が詩的で綺麗」との感想も寄せられています。

 作者のしおこさんに、お話を聞きました。

ーーしおこさんがマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。

 妊娠中に職場の先輩ママに、毎日のようにトラブルや出産のことを質問してたんですが、毎回「出産したら妊娠中のこと忘れちゃった」と言っていて。妊娠という限られた期間にあったことや感じたことを忘れちゃうのはもったいない、何らかの形で残しておきたい、と思うようになりました。ちょうどその頃、ネットニュースなどで育児マンガを見かける機会が増えて「これだ?!」と思い、産休に入ってから描き始めました。絵やマンガを描くことから長らく離れていたので、コマの割り方とかが全く分からず、最初のうちは4コマを描いてブログで公開していました。

ーー今回の作品『最近涙もろくなった』に対する反応で、特に印象に残った読者の声にはどのようなものがありますか?

 マンガを読んで「泣いた」と言っていただいたこともそうですが、引用リツイートでもたくさんの方から共感の声をいただけてうれしかったです。皆さん毎日一生懸命に子供と向き合っているからこそ、その先に我が子が愛しくてたまらない気持ちが芽生えるんだなぁと……。自分の気持ちを整理するために描いたマンガでしたが、たくさんの方に見ていただけて良かったです。

ーーこのエピソードのほかにも、育児をしているなかで、ふと涙するような瞬間は多かったのでしょうか?

 娘と遊んでるときや、昔の写真を見たときなど、ふとした瞬間に涙することはたくさんありますが、特に最近は娘と寝室を分けたときに号泣しました……(笑)。添い寝しながら静かに号泣する私の横で、娘はスヤスヤ寝てました。時系列的にもその話を先にマンガにしようと思っていたのですが、うまくまとまらず、それ以上に感情が高ぶった今回のエピソードを先に描きました。

母乳から完全ミルク育児への切り替えについて描いた『私と娘ちゃんの軌跡(娘とお風呂に入ったときの話)』(しおこさん提供)

ーー『最近涙もろくなった』のほかに、最近の作品でご自身が気に入っているものや、反響が大きかったものがあれば教えて下さい。

 最近だと『脳内保活』マンガや、母乳を止めた話について描いた『私と娘ちゃんの軌跡(娘とお風呂に入ったときの話)』かなと思います。普段はけっこう『脳内保活』マンガみたいな能天気な内容ですが、たまに母乳の話みたいな真面目なのを描いてて、真面目なマンガは比較的にたくさん反応をいただいた気がします。

ーー育児日記のマンガを精力的に発表されていますが、活動を通じて「良かった」と感じることは何かありますか?

 絵やマンガに反応をいただけるのはもちろん、活動するなかでいろんな人とつながれたのはとても良かったです。育児でつらいときや悩んでるときに、励ましてくれたりアドバイスをくれたり、うれしいことがあったら一緒に喜んでくれたり、みなさん本当に優しくて、たくさんの方の存在に日々救われています。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 これまでと変わらず日々あったことをマンガにしたり、あとは今回描いた『最近涙もろくなった』みたいに自分の感情が強く動いたときのことは、拙くてもいいのでなるべくマンガとして残しておきたいと思っています。感情ってどうしても時間が経つと薄れてしまって、でもモヤッとしたまま自分の中に残ってしまうので……。今回、形にすることで気持ちを整理できたので、これからも続けていけたらと考えています。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング