2020年「ベストオブ・津田健次郎」キャラ4選+α!今年はやはり『極主夫道』に期待?

マグミクス / 2021年1月13日 17時40分

写真

■津田さん自身が絶賛するほどの、挑戦的作品も

 セクシーな低音ボイスで数々の名キャラクターを演じてきた声優の津田健次郎さん。2020年は連続テレビ小説『エール』や『極主夫道』といったドラマに関わる一方、アニメでも多数の、そして幅広いキャラクターに声を吹き込んでくれました。今回はそんな2020年アニメのキャラクターから特に印象に残った4人+αを振り返り、今年2021年の津田さんの活躍を展望したいと思います。

●『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』名探偵・酒井戸/鳴瓢秋人

 2020年に津田健次郎さんが主役を演じたアニメと言えば、『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』。『Fate/Zero』や『Re:CREATORS』などで知られるあおきえい監督、ミステリー作家の舞城王太郎さんといった著名クリエイターによるオリジナルアニメで、殺意によって造られる仮想世界「イド」で得たヒントから、現実世界の殺人事件を解決するというSFミステリーです。

 津田さんは本作で、現実世界で連続殺人事件の犯人を探すため警察に協力している鳴瓢秋人(なりひさごあきひと)と、彼の「イド」での姿である名探偵・酒井戸という2役を演じました。津田さんも自身のTwitterで「これ凄いんです。映像も脚本も音も芝居も挑戦的な事しかしていない」「尖った作品」と絶賛するだけに、ファンならぜひ観ておきたい一作です。この作品は「dアニメストア」「NETFLIX」「Amazon Prime Video」などで観ることができます。

●『秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~』アドリアン・ザハル

アニメ『秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~』ビジュアル (C)DLE

 悪の秘密結社・鷹の爪団が世界征服を企み続けるギャグアニメ『秘密結社 鷹の爪』シリーズ。久々の単独TVアニメでは、たったひと言で人間を意のままに操れる太古の呪文「ゴールデン・スペル」を軸にしたストーリーが、時事ネタ満載の“ウィズコロナ仕様”で描かれました。

 津田さんが演じたのは、世界的なIT会社の副社長であるザハル。彼女いない歴=年齢という非モテキャラながら、劇中では佐藤利奈さん演じるエリートエージェントの鳳美冬と不器用過ぎる恋愛劇を展開。どちらも新キャラクターですが確かな存在感を発揮し、特にザハルは最終回の最後のセリフまで放つという厚遇ぶりでした。この作品は「dアニメストア」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」などで観ることができます。

 また津田さんフリークならずとも、本作の放送を記念して公開された動画「もしも津田健次郎さんが鷹の爪の声優を1人でやってみたら ~『怪人バトルリーグ編』~」は必見。津田さんがメインキャラクターを始め、ピザの配達員や赤ちゃんまで計14人を演じるという快(怪?)作です。

■悪役だけではない! オネエや各種動物もこなす芸達者

●『天晴爛漫!』リチャード・リースマン/ギル・T・シガー

アニメ『天晴爛漫!』キービジュアル (C)2020 KADOKAWA/P.A.WORKS/天晴製作委員会

 2020年も『神様になった日』や『劇場版「SHIROBAKO」』、『アニメ「A3!」』など話題作を手がけたP.A.WORKSによるオリジナルアニメ。社交性ゼロのエンジニア・空乃天晴と臆病な侍・一色小雨が、賞金獲得のためアメリカ大陸横断レースに挑む……という物語です。

 このレースの序盤、津田さんが演じたリチャード・リースマンは参加レーサーの中では珍しい常識人として登場します。この時点では温和そうな声色ですが、冷酷無比なアウトローのギル・T・シガーという正体を明かしたあとは、ありとあらゆる手段でレースを妨害。ドスの効いたまさに“ツダケン”声の敵役として大暴れしました。この作品は「dアニメストア」「NETFLIX」「Amazon Prime Video」などで観ることができます。

●『食戟のソーマ 豪ノ皿』ドン・カーマ

アニメ『食戟のソーマ 豪ノ皿』キービジュアル (C)附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会4

 原作は「週刊少年ジャンプ」で連載されていたグルメマンガ『食戟のソーマ』(著:附田祐斗、佐伯俊)。最終シリーズとなる『豪ノ皿』では、遠月茶寮料理學園で2年生に進級した幸平創真を始めとする料理人たちが、世界的な料理コンクール「THE BLUE」に挑みます。

 津田さんが演じたドン・カーマが活躍するのは第8話「欠けた半月」。多数のサポートメンバーを率いてタクミと創真のコンビと戦うという敵役ですが、そのキャラクターが強烈。タクミの本来の相方である弟のイサミを拉致監禁するほど卑怯なオネエで、津田さんによる粘度の高いオネエ口調をたっぷりと堪能させてくれました。この作品は「dアニメストア」「NETFLIX」「Hulu」などで観ることができます。

●『群れなせ!シートン学園』各話♂(オス)動物

アニメ『群れなせ!シートン学園』ビジュアル (C)山下文吾・Cygames/アニメ「群れなせ!シートン学園」製作委員会

 マンガアプリ「サイコミ」で連載中の学園アニマルラブコメ(著:山下文吾)が原作。さまざまな動物が通う私立シートン学園で、動物嫌いの人間とオオカミ少女を中心に、動物ネタを活かしたドタバタ劇が描かれます。

 本作の宣伝隊長も務めた津田さんですが、本編では各話に登場する♂(オス)動物役に。第1話ではヒグマのリーダーと食堂の厨房で働くゴリラ、第2話ではイノシシの園芸部部長とアラモサウルスの荒本先生……といった具合に多種多様なキャラクターを担当しており、どのキャラクターを演じているか探し、どう演じ分けているか比べるのも一興です。この作品は「dアニメストア」「Amazon Prime Video」「U-NEXT」などで観ることができます。

 2021年作品では、すでに『オルタンシア・サーガ』のモーリス・ボードレールなどで津田さんの声を聞くことができますが、今年の注目は何と言っても、春からNetflixで独占配信される『極主夫道』でしょう。

 本作は元最凶ヤクザの“不死身の龍(たつ)”が専業主夫として活躍するコメディで、原作マンガ(著:おおのこうすけ)は「くらげバンチ」で連載中。その原作単行本のPVへの出演のみならず、実写PVでは監督と主演を、2020年放送のドラマ版ではナレーションを務めてきた津田さんだけに、TVアニメでの“不死身の龍”役は満を持しての登板と言えるでしょう。また今回紹介したような個性派での起用もありえるだけに、もちろんほかのアニメでの出演も要チェックです。

(はるのおと)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング