『あつ森』に未登場の過去作人気キャラ 新システムで”お役御免”の可能性?

マグミクス / 2021年1月15日 14時40分

写真

■『あつ森』キャラの新たな一面を確認できるのも、シリーズならではの醍醐味

「どうぶつの森」シリーズのファンが復活を待望するものの、Nintendo Switch用『あつまれ どうぶつの森』(以下、あつ森)には、いまだ実装されていないキャラクターたちがいます。

 キツネの「つねきち」にラッコの「ラコスケ」……『あつ森』では過去「どうぶつの森」シリーズに登場していた人気キャラクターが、「無料アップデート」のタイミングで実装されてきました。

 発売当初と比較するとずいぶん島も賑やかになってきましたが、ファンが復活に期待を寄せているキャラクターはまだまだいます。

 筆頭は「マスター」。寡黙な「マスター」は、過去シリーズで喫茶店「きっさハトの巣」を経営していた、ハトをモチーフとするキャラクターです。プレイヤーの憩いの場として機能する「きっさハトの巣」は、『あつ森』で店内内装の再現を試みるプレイヤーが現れるほどの人気施設でもあります。

 また、ネコをモチーフとした占い師「ハッケミィ」も復活を希望されています。過去作では彼女の占いの結果次第でゲーム内での「アイテム運」や「金運」が左右される仕様になっていました。

 未実装のキャラクターを挙げ出せばキリがありませんが、上述の2体に注目が集まるのは、彼らが経営する施設が『あつ森』からの新キャラクターや新システムで”代用されていない”ことにも理由があります。

 逆に、未実装のキャラクターのなかには、新システムの導入で”お役御免”になってしまったキャラクターも存在するのです。

 たとえば、カッパの「かっぺい」はニンテンドー3DS用ソフト『とびだせ どうぶつの森』において、”常夏の島”までボートを漕いでくれるキャラクターでしたが、『あつ森』の島には「飛行場」があり、「離島ツアー」が企画されています。

 また、サロンを経営するプードルの「カットリーヌ」は、プレイヤーのイメチェンをしてくれるキャラクターでしたが、今作ではヘアアレンジを含む見た目の変更はお家の「家具」で手軽に行えてしまえます。

 とは言え、過去作でリサイクルショップを営んでいた「カイゾー」と「リサ」は、今作で「ジューンブライド」イベントのメインキャラクターとして登場した例もあります。

 役割がなくなってしまったように思えるキャラクターであっても、今後登場の機会が全くない訳でもなさそうです。

 また、新キャラクターのなかには、過去キャラクターの”息子”や”孫”といった設定を持つ者もいます。

 過去登場キャラクターの新しい一面が発見できることも、シリーズの最新作である『あつ森』の楽しみのひとつ。今後のアップデート次第では、思わぬキャラクターの意外なバックグラウンドが発覚するかもしれません。

(ふみくん)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング