1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

冬アニメで注目度急上昇の5作品。Twitterフォロワー増加率で調査、1位は200倍以上…!

マグミクス / 2021年2月3日 18時10分

写真

■百合+ホラーと、野島伸司初アニメ作品が面白い!

「新アニメは気になるけど、なかなか観る時間が取れない」という人は多いでしょう。そんな人は、放送後に話題になった“実力派“のアニメから優先的に観てみるのはどうでしょうか? 今回は、全国放送されている2021年冬アニメから、放送後に注目度が高まったアニメをご紹介します。1月上旬から下旬にかけての、Twitter公式アカウントのフォロワー増加率を調べ、上位5作品を選出。それぞれの魅力や見どころもお伝えします。

●『裏世界ピクニック』:増加率5位

 ハヤカワ文庫JAの同名小説(著:宮澤伊織)をアニメ化した本作は、おもにインターネット上で流布する怪談のクリーチャーが出現する“裏世界”を、女子ふたりが探索するという物語。ピクニックというほのぼのした言葉の印象とは真逆のホラー作品です。

 裏世界を旅するのは、女子大生の紙越空魚(かみこしそらを)と、彼女を探検に誘う仁科鳥子(にしなとりこ)ですが、このふたりの関係が実に百合チック。それと、くねくねや八尺様といった怪異によるホラー要素という取り合わせの妙は、本作独自の味わいです。この作品は、「dアニメストア」「Amazon Prime Video」「U-NEXT」などで観ることができます。

●『ワンダーエッグ・プライオリティ』:増加率4位

アニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』キービジュアル (C)WEP PROJECT

『高校教師』『未成年』といったドラマの脚本で知られる野島伸司さんが初めてアニメを手がけるということで、放送前から話題になっていた『ワンダーエッグ・プライオリティ』。いざ放送が始まってみると、DE DE MOUSEとミトによる音楽、CloverWorksの上質なアニメーションも相まって、多くのアニメファンを虜にしています。

 本作の主人公は不登校の少女・大戸あい。彼女はふとしたきっかけで“エッグ”の世界に入り、その内部にいる少女たちのトラウマと戦い始めます。雰囲気は決して暗くはないものの「今後何かありそう」という不穏さもあり、今後が気になるという点では今期屈指の作品ではないでしょうか。この作品は、「dアニメストア」「Amazon Prime Video」「U-NEXT」などで観ることができます。

■百聞は一見にしかず!不思議な魅力まとうトップ3作品

●『装甲娘戦機』:増加率3位

アニメ『装甲娘戦機』キービジュアル (C)2020 EXNOA LLC/LEVEL-5 Inc/装甲娘戦機製作委員会

 2010年代前半にゲームやアニメ、プラモデルなどで展開された「ダンボール戦機」シリーズ。本作はそのシリーズに登場するホビー用小型ロボット・LBXをモチーフにした戦術兵器をまとって戦う少女“装甲娘”たちの物語です。

 上記のような成り立ちながら、過去シリーズを観ていなくても楽しめるのが本作のいいところ。人類と金属生命体・ミメシスが戦う異世界に転移した少女・リコが先輩装甲娘たちと共に旅をする……というストーリー自体は、シリアスながらギャグシーンも多めで見やすさは抜群。もちろん「ダンボール戦機」のファンであればニヤリとする要素も。そんな本作は、「dアニメストア」「Amazon Prime Video」「U-NEXT」などで観ることができます。

●『EX-ARMエクスアーム』:増加率第2位

アニメ『EX-ARMエクスアーム』キービジュアル (C)古味慎也・HiRock/集英社・「EX-ARM」製作委員会

「世界のSFに宣戦布告!!」という触れ込みの本作は、「ミラクルジャンプ」で連載されていた同名SFマンガ(著:HiRock、古味慎也)が原作です。2014年の日本でトラックに轢かれた高校生のアキラが目覚めた先は、未知の兵器“EX-ARM”によって荒廃した2030年の東京。アキラは脳だけの状態になりながらも、ハッキング能力を使ってEX-ARM犯罪に立ち向かう警察内組織の一員として活躍します。

 この作品の一番の魅力は、原作とはやや趣の異なるノスタルジックな雰囲気の3D作画でしょうか。それと原作を大胆にアレンジしたストーリー展開とのシナジーにより、えも言われぬ愛らしさをまとったアニメーションに仕上がっています。この作品は、「Amazon Prime Video」「GYAO!ストア」「クランクイン!ビデオ」などで観ることができます。

●『PUI PUI モルカー』

アニメ『PUI PUI モルカー』ビジュアル (C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 Twitter公式アカウントフォロワー数の伸び率1位となったのは、巷を席巻するストップモーションアニメ『PUI PUI モルカー』でした。2021年1月5日の放送前までは1500人に満たないほどだったフォロワー数が、Twitterでの口コミや各種媒体で取り上げられることで大ブレイクを果たし、第2話放送前には4万5000人を突破。その後も倍々ゲームでフォロワー数が増え続け、1月末の段階で30万人に届こうとしています。

 本作は、羊毛フェルトでできたモルモットが“モルカー”という車となった世界の様子を描いたアニメです。3分程度の作品のため、とても見やすいうえ、そのかわらしくシュールな世界観に魅了される人が多数。2021年冬クールの“台風の目”となりました。この作品は、「YouTube」「dアニメストア」「Amazon Prime Video」などで観ることができます。

(はるのおと)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング